加工・工作機器

加工・工作機器

加工・工作機器に含まれる370カテゴリ一覧です。加工・工作機器に関する情報を配信しています。

加工・工作機器の370カテゴリ一覧

加工・工作機器とは

加工・工作機器

加工・工作機器とは、切削工具などを用いて、材料を加工する機器のことを言います。本記事においては、材料に対して行う、削る、磨くなどの行為を加工と呼び、加工を行う装置のことを工作機器と呼称します。

工作機器は、加工方法や切削工具などの違いにより、様々な種類が存在します。身近な物では木材や鉄板に穴を空ける「電動ドリル」、高速でネジを締めたり緩めたりする「電動ドライバー」などがあります。大型の工作機器ですと、製造業などで使われる、電動ドリルを大型化したような「ボール盤」、穴空けや平面削りを行う「マシニングセンター」、材料の表面を磨く「研削盤」などがあります。

加工方法の種類

加工方法の種類は大きく分けて切削加工、研削加工の2つに分けられます。

  • 切削加工
    刃具を用いて材料を削る加工方法のことを言います。削る方法には、刃具側を回転させる方法と、材料側を回転させる方法があります。刃具側を回転させる方法は平面を削ったり、穴を空けたりすることを目的としたことが多く、材料を回転させる方法は、円筒形の物を作るのに適しています。
  • 研削加工
    砥石によって、材料の表面を削る、または磨くことを目的とした加工方法のことを指します。角部を落としたり、表面をつるつるピカピカに仕上げる時などに用います。

工作機器の種類

工作機器の中で代表的なものには、以下の種類のものがあります。本記事では材料を固定する台のことをテーブルと呼称します。

  • ボール盤
    電動ドリルとテーブルを組み合わせた工作機器で、材料をテーブルに固定し、ドリルを回転させて材料に当てて、穴を空けることを目的に使用されます。タッパーという工具を使ってネジを切ることも可能です。
  • フライス盤
    材料をテーブルに固定し、ドリル、エンドミル、フライスなどの刃具を回転させて材料を削る工作機器です。刃具を付け替えることで、幅広い加工を行うことができます。
  • マシニングセンター
    フライス盤に自動刃具交換装置(ATC装置)を搭載し、プログラム制御によって刃具やテーブルを動かすことで、自動運転を可能にした工作機器です。
  • 旋盤
    材料を固定したテーブルを回転して、固定したバイトと呼ばれる刃具を当てて材料を削る工作機器です。円筒形の物を作るのに適しています。
  • NC旋盤
    旋盤にATC装置を搭載し、プログラムによって刃具を動かすことで、自動運転を可能にした工作機器です。
  • グラインダー
    砥石を回転させ、材料の表面を削ることができます。材料の角を取ったり、厚みを薄くするのに用います。手持ちして砥石を材料に当てに行く小型のタイプと、装置に設置された砥石に材料を当てに行くタイプがあります。
  • 研削盤
    材料をテーブルに固定し、回転した砥石を材料に当てて、往復を繰り返すことで、材料を削る、または磨くことができます。精度が高く、主に表面仕上げに用います。

参考文献
https://www.agency-assist.co.jp/column/593/



加工・工作機器関連の会社ランキング

*このランキング機能はβ版です。ランキングはメトリーに登録されている会社のみの中で、従業員数順に出したものです。あくまで規模感の目安としてお使いください。

すべてのカテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree