【2021年版】圧搾機 メーカー11社一覧

圧搾機のメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


圧搾機とは

圧搾機とは、対象物を圧力で押し付けることで圧搾加工をすることができるプレス機のことで、絞り機や搾汁機とも呼ばれています。

手動による駆動や、モーターや油圧による駆動など様々な駆動方式があり、駆動方式を変えることで圧搾の力の大きさや機器のサイズが変わるため、使用する用途に適した駆動方式と機器のサイズを選択することが必要です。

圧搾することで、凝縮した成分を抽出することができるため、様々な業界で幅広い用途に使用されています。

圧搾機の使用用途

ここで、圧搾機の使用用途について説明します。

圧搾期は、食品分野や、農業や水産加工分野、化学薬品分野など幅広い分野で使用されています。エキス抽出以外にも、脱水の目的で使用されることもあります。


食品分野では、果物や野菜などを圧搾して果汁を搾汁したり、リキュールの原料を抽出したりすることや、ペースト状に圧搾して餡などにすることに利用されています。

農業分野では、農作物を圧搾することで、ペースト状にしたり、油を抽出したりします。また、油を抽出する際に、コールドプレスという手法をとることで高品質の油を抽出することが出来ます。

水産加工では、海藻や魚類などからエキスを抽出することなどに利用されています。

化学・医薬品分野では、薬品や健康食品・化粧品などの原料成分を抽出したりすることに利用されています。

圧搾機の原理

続いて、圧搾機の原理について説明します。

圧搾機は、圧力によって、対象物に負荷を与えることによって、押しつぶし、ペースト状にしたり、エキスを抽出したり、水分を脱水したりすることが出来ます。

圧力をかける方式によって、その特徴が異なります。

例えば、手動による圧搾機から、油圧圧搾機、空気圧圧搾機、モーター駆動圧搾機、スクリュー式圧搾機、低温圧搾機など幅広い圧搾方式があります。

具体的には、手動による圧搾機は、力が小さい代わりに、少量に対して簡易的に用いることが出来ます。

油圧圧搾機は、圧搾の際に熱が生じないので、局部的に高温になることによる食品の劣化が生じることがないのが特徴です。

参考文献
http://otsuka-tek.co.jp/products/detail_15/
http://www.yabuta.co.jp/products/products01.html
https://www.ipros.jp/search/product/%E5%9C%A7%E6%90%BE%E6%A9%9F/
https://www.matsuoco.co.jp/products/small/index.html
https://nskeng.co.jp/onp/
http://www.yabuta.co.jp/products/products03.html

圧搾機のメーカー情報

圧搾機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社マキノ
  2. 2 株式会社栗田機械製作所
  3. 3 薮田産業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社カジワラ
  2. 2 エヌ・エス・ケイ エンジニアリング 株式会社
  3. 3 日本濾過装置株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社山崎鐵工所
  2. 2 株式会社マキノ
  3. 3 株式会社栗田機械製作所

圧搾機のメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す