測定機器

測定機器

測定機器に含まれる86カテゴリ一覧です。測定機器に関する情報を配信しています。

測定機器の86カテゴリ一覧

測定機器とは

測定機器

測定機器とは、測定対象物の物理量を定量的に測定するための機器を指します。

測定を補助する機器も測定機器と分類されるれることがあり、例としては液体を遠心力を用いて分離させる超遠心機オシロスコープなどがあります。

測定したものを表示するものも測定機器と分類されることがあり、エネルギーモニタなどがあります。

測定器が測定をする際に用いるものには、接触センサやレーザー、目盛り、光、赤外線、検査針などがあります。測定する物理量は、長さや物体表面の粗さ、温度、放射線量、真円度、透過率などがあります。他にも測定される量としては、イオンの存在割合や濃度などがあります。

測定器の大きさはさまざまで、手に載る大きさのものから、人と同じ、もしくはそれ以上の大きさのものまで存在します。

測定器には金属を用いたものがあり、金属は温度によって膨張や収縮をおこします。
膨張や収縮によって計測に支障が出ないように、長さ等を測定するものの中にははJISに定められている温度で保管しなけらならないものがあります。

測定機器を用いる目的

測定機器を用いる目的は、大まかにまとめると製品や測定対象物の物理量を測定し、得られたデータより対策をうったり、分析をするためです。

また、製品では、製造段階に用いることで得られたデータより製品が不具合を起こさないようにする対策をうつこともできます。

例えば測定対象物の長さや表面の粗さ、物質の存在割合などを測定するとします。測定して得られたデータの長さや表面の粗さを用いると、加工等が正しく行えているかどうかに対する評価をすることが出来ます。

また、物質の存在割合を測定することで、人間や生物が生活できる環境なのかなどを調べることが出来ます。

製品を作る段階で、実際に使用された際に製品が受ける力などを測定し製品が破壊や故障に至るかどうかなどを評価するためなどがあります。製品が破壊や故障に至るかどうかを評価することで、製品の仕様を満たしたり、よりよい製品にしたりすることなどに生かすことが出来ます。

オシロスコープ等では、電流等の目に見えないものを目に見えるようにするために測定機器が用いられます。

参考文献
https://monoto.co.jp/measurement/  (測定器とは、MONOTO)

 



測定機器関連の会社ランキング

*このランキング機能はβ版です。ランキングはメトリーに登録されている会社のみの中で、従業員数順に出したものです。あくまで規模感の目安としてお使いください。

すべてのカテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree