【2021年版】曲げ加工機5選 / メーカー9社一覧

曲げ加工機のメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


曲げ加工機とは

曲げ加工機とは金属材の薄い板金素材を曲げる用途に使用される加工機です。曲げ加工機はブレーキプレス、ベンダー、ベンディングマシンなど様々な別名があります。この機械の仕組み自体はシンプルでプレス機同様にパンチ部の金型(上型)とダイ部の金型(下型)を上下に可動させて圧力をかけ、金属板を折り曲げます。上下運動の加圧と素材の硬度や厚さ、曲げ角度にあった金型を用意することで期待する角度に曲げることができます。

曲げ加工機の使用用途

曲げ加工機は切削加工では難しい形状やコストカットを目的に制作するときに用いられます。 曲げ加工機を使用して制作されている製品には多岐にわたり家電製品から自動車部品や工業製品、アルミサッシなどの建材用部品に至るまで、様々なものがあります。

この加工機を用いる製品は薄い金属材を利用するため軽量かつ大量生産が可能となります。ほとんどの場合で薄い金属材の曲げ加工において曲げ加工機が用いられています。

曲げ加工機の原理

曲げ加工機の動作原理について説明します。この機械の仕組み自体は単純で、プレス機同様にパンチ部の金型(上型)とダイ部の金型(下型)を上下に可動させることで圧力を加えて金属板を折り曲げます。現在は油圧式プレスブレーキが最もメジャーな加工機です。このマシンでは油圧シリンダーが上下運動の動力構造に当たります。またクランク部の出っ張りが少ないため負荷、加工速度をコントロール可能です。

曲げ加工機の利用時は可能な曲げの種類を理解する必要があります。上下の金型の種類は多様であり、パーツの組み合わせによって複雑な折り曲げ加工を実現できます。ここでは主に使用されている曲げ加工法についてご紹介します。

  • L字曲げ:パンチ部金型をダイ部金型に押しつけて90°に折り曲げます。
  • L字曲げ(グースネック型):90°に折り曲げた部材をさらに曲げて「コの字」形に折り曲げます。
  • 90°曲げ(厚板用):1cm以上の厚みの材料の場合はパンチ部金型にRパンチ(先端が丸みのある金型)を使用してダイ部金型を深いV型にすることにより、安定した精度の加工が可能になります。

参考文献
https://www.kousakukikai.tech/pressbrake/
https://www.conic.co.jp/tech/brake/1_12.html
https://www.ipros.jp/technote/basic-press-working7/
https://www.taiyoparts.co.jp/blog/3692/

曲げ加工機のメーカー情報

曲げ加工機のメーカー9社一覧


曲げ加工機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社大平製作所
  2. 2 株式会社ソーキナカタ
  3. 3 音金機械株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アーキーテクノ
  2. 2 directindustry
  3. 3 トルンプ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ソーキナカタ
  2. 2 株式会社大平製作所
  3. 3 千代田工業株式会社

曲げ加工機5選

鉄筋曲げ機

音金機械株式会社 鉄筋曲げ機 画像出典: 音金機械株式会社公式サイト

特徴

鉄筋曲げ機OKB-AWは同じ方向への2点同時曲げを行うことができる、鉄筋専用の曲げ加工機です。

レバーを使用して3種類の曲げ角度にワンタッチで設定変更でき、加工長さもハンドルにより微調整できるためストレス無く作業に集中することができます。

また2点同時の連動モードだけでなく片側のみの単動モードにもスイッチを使用して簡単に切り替えることができるため、この1台で作業の幅を広げることも可能です。

SD490相当、D10の鉄筋の曲げ加工を行う場合最大5本まで同時に曲げ加工を行うことができるため効率良く作業を行うことができます。

音金機械株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 石川県金沢市八田町東693番地
  • URL: https://onkin.jp/
  • 創業: 1968年
  • 従業員数: 27人

製品を見る

銅パイプ半自動電動ベンダー

株式会社ソーキナカタ 銅パイプ半自動電動ベンダー 画像出典: 株式会社ソーキナカタ公式サイト

特徴

銅パイプ半自動電動ベンダーは任意の角度に曲げ角度を行うことができる、サーボモータ搭載空圧式の銅パイプ専用曲げ加工機です。

Φ6~Φ12.7、長さ800mm以下の銅パイプを、高性能サーボモータを使用して曲げRはR10~R50まで、曲げ角度は0.1度~184度まで幅広い範囲で正確な曲げ加工を行うことができます。

最大で毎秒180度の曲げ速度と作業者の安全を考えたフェールセーフ設計で、作業効率の向上と安全性の確保を両立することが可能です。

株式会社ソーキナカタの会社概要

製品を見る

KMP20FS

協和マシン株式会社 KMP20FS 画像出典: 協和マシン株式会社公式サイト

特徴

KMP20FSは大量生産から多品種少量生産まで幅広い用途に適用可能な、ACサーボモータ駆動の自動曲げ加工機です。

ACサーボモータの採用による高精度な加工を、長さ2,150mmまで行うことができます。

またタッチパネル式インターフェースによる簡単な操作と、作業がしやすくなるようなテーブル降下の仕組みにより作業者の負担を減らし、生産性を向上させることが可能です。

油圧を一切使わず、コンパクトかつメンテナンスが簡単な設計となっているため、ランニングコストを抑えて長く使い続けることができます。

協和マシン株式会社の会社概要

製品を見る

NCベンダーL MBS-25TP

丸昭機械株式会社

特徴

NCベンダーL MBS-25TPはコンプレッサー不要、ACサーボモータ駆動の曲げ加工機です。

軟鋼はΦ25、高強度の鋼やステンレス鋼などはΦ20まで曲げ加工を行うことができます。

サーボモータを使用しているため左右にそれぞれ最大360度・最大100回転まで制御でき、更に無段階の速度調節とジョグダイアルを用いた微調整も行うことができるため、望み通りの加工を行うこと可能です。

10工程100品種の曲げ角度設定を行うことができ、プログラムデータはSDカードにバックアップをとることができるため、安心して作業を行うことができます。

丸昭機械株式会社の会社概要

製品を見る

TruBend 8000シリーズ

トルンプ株式会社 TruBend 8000シリーズ 画像出典: トルンプ株式会社公式サイト

特徴

TruBend 8000シリーズは大小あらゆる板厚や複雑な形状の曲げ加工を行うことができる曲げ加工機です。

レーザー式曲げ角度測定システムと6軸のバックゲージにより、最長8mまでのワークを正確かつ高品質に曲げ加工することができます。

モバイルコントロールボックスと人間工学に基づいた耐荷重最大300kgの補助具、ブラケットにより作業者の負担を軽減し、効率的な作業を行うことができます。

また本曲げ加工機を2基並列に並べることで最大16mまでのワークに対応することも可能です。

トルンプ株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す