【2021年版】曲げ加工機 メーカー9社一覧

曲げ加工機のメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


曲げ加工機とは

曲げ加工機とは、金属材の薄い板金素材を曲げる用途に使用される加工機です。

曲げ加工機はブレーキプレス、ベンダー、ベンディングマシン、と呼び方はさまざまです。

仕組み自体はシンプルで、プレス機同様、
パンチ部の金型(上型)と、ダイ部の金型(下型)に上下に可動させ圧力をかけて金属板を折り曲げます。

上下運動の加圧と素材の硬度や厚さ、曲げ角度にあった金型を用意することで期待する角度に曲げることができます。

曲げ加工機の使用用途

曲げ加工機は、切削加工では難しい形状や、コストカットを目的に制作する用途で用いられます。

曲げ加工機を使用して制作されている製品は多岐にわたり、
家電製品、自動車部品、工業製品、アルミサッシなどの建材用部品などさまざまな物の加工に利用されます。

薄い金属材を利用して加工しますので、軽量かつ大量生産が可能となります。

薄い金属材の曲げ加工にはほとんどの場合曲げ加工機が用いられています。

曲げ加工機の原理

ここでは曲げ加工機の原理について説明します。

仕組み自体はシンプルで、プレス機同様、
パンチ部の金型(上型)と、ダイ部の金型(下型)に上下に可動させ圧力をかけて金属板を折り曲げます。

現在では油圧式プレスブレーキが最も用いられる加工機になります。
油圧シリンダが上下運動のプレス部分の動力構造になります。
また、クランク部の出っ張りが少ないため負荷や加工速度を自在に調節可能になります。

曲げ加工機で可能な曲げの種類について理解する必要があります。
上下の金型の種類は多数あり、組み合わせにより複雑な折り曲げ加工を実現できます。

ここでは、主に使用されている曲げ加工法についてご紹介します。

  • L字曲げ
    パンチ部金型をダイ部金型に押しつけて90°に折り曲げます。
  • L字曲げ、グースネック型
    90°に折り曲げた部材をさらに曲げコの字のような形に折り曲げます。
  • 90°曲げ、厚板用
    1cm以上の厚みの材料の場合は、パンチ部金型をRパンチ(先端が丸みのある金型)を使用し、
    ダイ部金型を深いV型にすることにより、安定した精度の加工が可能になります。

参考文献
https://www.kousakukikai.tech/pressbrake/
https://www.conic.co.jp/tech/brake/1_12.html
https://www.ipros.jp/technote/basic-press-working7/
https://www.taiyoparts.co.jp/blog/3692/

曲げ加工機のメーカー情報

曲げ加工機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社大平製作所
  2. 2 株式会社ソーキナカタ
  3. 3 音金機械株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アーキーテクノ
  2. 2 directindustry
  3. 3 トルンプ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ソーキナカタ
  2. 2 株式会社大平製作所
  3. 3 千代田工業株式会社

曲げ加工機のメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す