弁

弁に含まれる49カテゴリ一覧です。ピストンバルブ・ピンチバルブ・リリーフバルブ・ロータリーバルブなど幅広く、カテゴリの概要・原理・使用用途の検索や、製造メーカー・代理店を探すことができます。

弁をカテゴリ別に探す

弁とは

弁

弁 (英: valve) とは、流体を流れを制御する機器です。

工場・家庭から様々な場所で使用され、制御する流体も多岐に渡ります。主な役割としては、流体を「流す」「止める」「流量の調整」となります。

弁の種類

弁は使用する際の「圧力」「流体」「環境」「使用方法」によって、様々な種類があります。弁を呼ぶ際に同一の弁でも◯◯弁、◯◯バルブと呼ばれることがあり、覚える際は両方覚えておくことが良いとされます。

1. 仕切弁 (ゲートバルブ

名称通り弁の中にある仕切板によって、流体を「流す」「止める」を行う弁です。流体が真っ直ぐに流れることから圧力損失が少ないですが、完全な「閉」「開」で使用する為、流量調整を必要としない箇所に設置されます。例として、ガス元弁などが挙げられます。

2. 玉型弁 (グローブバルブ)

弁本体が丸く、玉形をしていることかた玉型弁と呼ばれます。流体を流れ方向の平行方向に仕切り、流体を止めることが可能で「流す」「止める」「流量を調整する」を行う弁です。流体が真っ直ぐ流れないことから圧力損失が多いですが、流体の流れる量を調整することができます。例として単水栓が挙げられます。

3. 逆止弁 (チャッキバルブ

名称通り流体が「逆」に流れることを「止める」弁です。流体の制御方法は「リフト式」「スイング式」「ボール式」「ブロート式」等の様々な方式があります。逆流することで機器の故障・事故が予想される箇所に設置されます。送水設備吐出し管などがあります。

4. 自動弁 (アクチュエータバルブ) 

名称通り人力の操作を必要とせず、「電気」「空気」「油圧」等によって操作をする弁です。主に電気駆動には「電動弁・電磁弁」、空気駆動には「メカニカルバルブ」、油圧式には「油圧電磁弁」があります。用途としては、人が行くことが出来ない危険な箇所、省人化を行っている設備、大容量を制御する弁に使用されます。発電所・化学プラントなどで使用されます。

弁の選び方

弁には様々な種類・材質があるため、設置する際には用途に応じ適切な弁を選定することが大切です。

1. 圧力

使用する系統の最大使用圧力が合っているか、管の閉塞や急な弁操作などのトラブルがあった場合にも対応出来るかを確認します。

2. 流体

使用する流体の腐食性・粘性・状態などの性質によって、弁・材質を選定します。

3. 環境

使用する環境によって、弁・材質の選定が必要です。例えば露天、危険区域、海中などです。



弁関連の会社ランキング

*ランキングはメトリーに登録されている会社のみの中で、従業員数順に出したものです。あくまで規模感の目安としてお使いください。

すべてのカテゴリグループから探す

Copyright © 2023 Metoree