ジェネレータ・発生器

ジェネレータ・発生器

ジェネレータ・発生器に含まれる43カテゴリ一覧です。ジェネレータ・発生器に関する情報を配信しています。

ジェネレータ・発生器の43カテゴリ一覧

ジェネレータ・発生器ジェネレータ・発生器とは

ジェネレータ・発生器(英語:Generator)とは、現象や物体を生じさせる装置の総称です。種類によって発生させるものは様々ですが、単にジェネレータや発生器という場合、一般には電力を供給する機器を意味します。

産業分野におけるジェネレータ・発生器の種類は多岐にわたります。ここでは、主に部品、製品、設備の検査および評価に用いられるものと、その他の用途のものに分けて例示します。

ジェネレータ・発生器の種類(試験機器)

様々な電気信号を出力する信号発生器は、電子測定で被測定回路を動作させるための信号源となる機器です。振幅、周波数、位相、立上りおよび立下り時間、パルス幅などが異なる多様な電気的波を生成することができます。ミックスド信号発生器とロジック信号発生器に大別され、ミックスド信号発生器はさらに、汎用性と費用対効果が高い任意波形/ファンクションジェネレータと、高性能であらゆる波形の出力が可能な任意波形ジェネレータ(任意波形発生器)に分類されます。ロジック信号発生器には、パルス・パターン発生器とデータ・タイミング発生器があり、いずれも通信機器などのデジタルテストに使用されます。

電気を発生させる装置には、屋外作業時などに電力を供給するエンジン発電機のほかに、試験機器として用いられる電流発生器電圧発生器があります。電流発生器・電圧発生器は、高い精度で電流・電圧を制御することができ、半導体デバイス、電子部品、大規模な電気設備などの検査や特性評価に使用されます。

このほか、主に試験機器として用いられるジェネレータ・発生器には、オーディオジェネレータ(低周波発振器)、ノイズジェネレータ、トラフィックジェネレータなどがあります。

ジェネレータ・発生器の種類(その他用途)

試験機器以外の用途に用いられるジェネレータ・発生器にも数多くの種類があります。例えば、食品や工業製品の製造ラインで使用される蒸気発生器(水蒸気発生器、ガス発生器)や水素発生措置、病院・工場などの衛生管理や排水浄化処理に用いられるファインバブル、ナノバブル、オゾン、イオンの発生装置などです。

参考文献
https://download.tek.com/document/76Z-16672-4.pdf
https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Reference-FunctionGenerator-01/



ジェネレータ・発生器関連の会社ランキング

*このランキング機能はβ版です。ランキングはメトリーに登録されている会社のみの中で、従業員数順に出したものです。あくまで規模感の目安としてお使いください。

すべてのカテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree