【2021年版】ダイヤモンドペースト メーカー10社一覧

ダイヤモンドペーストのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ダイヤモンドペーストとは

ダイヤモンドペーストとは、宝石にならなかったダイヤモンドや、人工的に作り出した合成ダイヤモンドなどのダイヤモンド粒子を油脂に均一に分散させて混ぜ込んで作った研磨剤のことで、非常に安定した研磨力を有しています。

油性と水性の種類があり、水性のダイヤモンドペーストは、水で洗い流せるので、研磨加工後の片づけを容易に行うことが出来ます。油性のダイヤモンドペーストは、錆やすい部分などに使用するのに適しています。
また、ダイヤモンド粒子の粒度にも様々なものがあるので、これらを研磨対象物の材質や用途に合わせて選択することが出来ます。

ダイヤモンドペーストの使用用途

ここで、ダイヤモンドペーストの使用用途について説明します。

ダイヤモンドペーストは、希釈剤を用いて、用途に合わせた濃度と硬さに薄めてから、フェルトパッドなどの研磨布や鉄板やガラス板などの研磨版などにつけて、研磨対象物にペーストを塗りこむようにして使用します。

作業時に研磨板なども同時に摩耗してしまうため、耐用回数を超えたら裏返して反対の面を使うか、新しい研磨板に交換する必要があります。

最終仕上げなどで対象物を研磨する用途で使用され、プラスチック金型や金属などの研磨や、鏡面磨きなどで用いられています。このほかにも、入り組んだり曲がったりしていて作業が難しい複雑な形状の研磨などにも使用することができます。

ダイヤモンドペーストの原理

続いて、ダイヤモンドペーストの原理について説明します。

ダイヤモンドペーストは、粘性のあるゲルや液体や固体に、微細なダイヤモンドの粒子を均一に練りこんでいるため、使用毎にダイヤモンド粒子の含有率に偏りなどがなく、一定の研磨力を損ねずに研磨剤として使用することが出来ます。

また、ペースト状になっているため、塗布した後に液体などのように研磨剤が流れ落ちることがなく、ペーストの状態を維持したまま使用することができるので、他の研磨剤では難しい複雑な形状や曲面などの様々な箇所や形状に対して用いられています。

参考文献
http://www.resiton.co.jp/publics/index/357/
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/493/
https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/110600297220/
https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/223000427448/

ダイヤモンドペーストのメーカー情報

ダイヤモンドペーストのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 旭ダイヤモンド工業株式会社
  2. 2 株式会社ムラキ
  3. 3 株式会社レヂトン

設立年の新しい会社

  1. 1 双和化成株式会社
  2. 2 マイクロディアマントジャパン株式会社
  3. 3 サンデンタル株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ムラキ
  2. 2 旭ダイヤモンド工業株式会社
  3. 3 株式会社フタキ

ダイヤモンドペーストのメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す