株式会社ケイエステック
古河産機システムズ株式会社

【2021年版】気流粉砕機 メーカー14社一覧

気流粉砕機のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


気流粉砕機とは

気流粉砕機とは、空気を高速な気流渦にすることで、対象物を粉砕加工する機器のことです。

空気量や、回転数を調節することで、原料の粒度を設定することが出来ます。

原料同士がぶつかり合うことで粉砕する自己粉砕方式のため、粉砕するときの衝撃力がやさしく、短時間で加工できることや、大量の空気が緩衝することで機器内の温度が上昇が抑制されるため、原料の成分の構造に大きな損傷を与えることなく加工出来ます。

構造がシンプルなので、清掃やメンテナンスが容易にできることも特徴です。

気流粉砕機の使用用途

ここで、気流粉砕機の使用用途について説明します。

気流粉砕機は金属同士の摩擦や衝突を必要としないので、異物混入のリスクがなく、食品や薬品などの衛生的に配慮が必要なものにも安心して利用することが出来ます。
また、自己粉砕方式なので、鉱石などの硬度が高い物でも、粉砕機と原料が衝突して摩耗することによる金属混入などのリスクがありません。

香辛料や穀類などの食品、漢方、医薬品、化学品などや、樹脂や鉱石などの原料を粉体加工するのに使用されています。
例えば、小麦粉や米粉などの穀類や、香辛料などを粉末化するのに利用されており、原料が持つ内部構造に損傷を与えにくいため、食品本来の成分を生かして粉砕することが出来ます。

気流粉砕機の原理

続いて、気流粉砕機の原理について説明します。
空気で高速な気流渦を発生させ、回転によって原料を振動させて粒子が互いに衝突することによる摩擦を何度も起こして自己破砕粉砕していきます。

気流粉砕機の構造は、内部に設置されたスクリュー羽で高速気流を発生させて、粒度に応じて原料を分離できるようになっています。
粒度よりも小さくなった原料やかすなどは、上昇気流とともに機器の外に排出され、原料が設定した粒度まで粉砕されるまで、粉砕機に留まり続ける構造になっています。

そのため、気流粉砕機で粉砕した粉体は、他の粉砕加工の粉体に比べて、粒度が細かく、ばらつきが小さくなって均一な粒度になるのが特徴です。

参考文献
http://www.rice-flour.jp/flow/break.html
https://www.econmw.co.jp/116/
https://www.nc-kakouki.co.jp/index_s_funsaiki_010.html
http://www.kurimoto.co.jp/product/tag/tag_606.php
http://www.masuko.com/product/CerenMiller.html
https://www.furukawa-sanki.co.jp/products/material_machine/dream_mill/

気流粉砕機のメーカー情報

気流粉砕機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ホソカワミクロン株式会社
  2. 2 古河産機システムズ株式会社
  3. 3 株式会社ダルトン

設立年の新しい会社

  1. 1 古河産機システムズ株式会社
  2. 2 株式会社アーステクニカ
  3. 3 株式会社太平洋テック

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ケイエステック
  2. 2 古河機械金属株式会社
  3. 3 日本コークス工業株式会社

気流粉砕機のメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す