【2021年版】スクレーパー5選 / メーカー10社一覧

スクレーパーのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スクレーパーとは

スクレーパー

スクレーパーとは、手で持つグリップに平らな刃がついていて、ヘラと似た工具です。工作や建築といった作業現場で、塗料などを塗る表面の仕上げに使用されています。形状は様々ですが、手でもちやすい大きさのものがほとんどです。建築用では大型の製品もあります。

スクレーパーは表面仕上げのほか、はがれにくいステッカーやシール、キッチンの油汚れ、塗料などを剥がす用途にも使われます。

ガラス面に特化したガラススクレーパーもあります。

スクレーパーの使用用途

建築現場の塗装などで、スクレーパーを使用して仕上げ作業が行われています。また、塗装した部分が古くなって剥がす場合や、ちょっとしたバリ取りやさび取りにもスクレーパーが利用されます。

他に、キッチンの油汚れや劣化したパッキンなど頑固で落ちにくい汚れをスクレーパーを使ってこそげ落とします。手の力だけでは汚れや塗料が落ちない場合には、ハンマーでスクレーパーに力をかけて落としていきます。

最近では、使用後のお皿の油をこそげ落とすキッチンスクレーパーもあります。

スクレーパーの原理

スクレーパーの形状は大きく分けて以下の3種類です。

  • ヘラ型
    細かな作業に向いていて、小さな部品やキッチン周辺のせまい場所の汚れなどを落とす用途に向いています。力が入りやすいので、汚れが落としやすいです。窓のサッシのような狭い溝にも利用できます。
  • 幅広型
    扇形タイプとも呼ばれています。ヘラよりも刃部分の幅が広がっているので、壁や床など広範囲な塗りや汚れ落としがしやすいです。スクレーパーとして広く普及している形状です。
  • 1枚刃型/3枚刃型
    とくに3枚刃型は削る力が強いです。窓の汚れやタイルや鏡の水垢、金属のさびを落とす用途でも使用されています。刃は交換できるので、長く使用することができます。

スクレーパーの刃の材質はステンレス、セラミック、超鋼刃、プラスチックなどがあり、対象物や用途によって選択します。落ちにくいさびや汚れであればステンレスが適していますが、対象物が傷がつきやすい材質であれば、プラスチックの刃が適しています。

刃物なので、刃が手に当るとケガをしてしまうので注意が必要です。

おすすスクレーパーの選び方

表面の仕上げや、塗膜、シール、油汚れを剥がすスクレーパーには様々な種類があります。 ここでは目的に合った、おすすめスクレーパーの選び方を紹介します。

1.コンパクトなヘラタイプ
ステンレスの刃とプラスチックの持ち手が一体化しているオーソドックスなスクレーパーです。 基本、手の中に収まるぐらいの大きさなので、手が届きにくいところや、狭い場所で使用できるためとても便利です。 力を入れやすい形状となっているので、頑固な油汚れ、シール・ステッカーを剥がすときに使用できます。 一方で固い塗膜などを剥がすのは難しいです。

2.刃がプラスチックタイプ
刃がプラスチックでできているタイプのスクレーパーです。 プラスチックのため、固くびっちり付着している汚れや、シールを剥がすのには向きません。 しかし家のフローリングや、車のボディなど傷を付けたくないものに使用するとき適しています。

3.替え刃式タイプ
固い塗膜や業務で使用するなら、カッター刃などを脱着できる替え刃式スクレーパーがおすすめです。 刃こぼれしたら交換すれば、切れ味のよいスクレーパーになりますので、長期間スクレーパーを使用することができます。 また鋭角なカッター刃を装着することで作業効率が大幅に上がります。

スクレーパーの使い方

スクレーパーの刃は鋭角になっているものが多く、使い方を一歩間違えれば大きな事故につながります。

安全が保てるよう、スクレーパーの正しい使い方を紹介します。

1.スクレーパーが刃こぼれしていないか確認する(替え刃式の場合は刃の交換)。

2.万が一を考え、手に防刃手袋(なければ軍手を2重につける)をつける。

3.剥がしたい対象になるべくスクレーパーの刃が平行になるように当てる。

4.剥がす対象を削るように、前方にスライドさせながら剥がしていく。

5.力を入れすぎて、汚れ以外の表面を傷つけないように注意する。

参考文献
https://electrictoolboy.com/media/17529/
https://ranking.goo.ne.jp/select/9155
https://sakidori.co/article/806952 https://diyclip.roymall.jp/tool/1301406#:~:text=%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9%E3%81%AF%E3%81%A8%E3%81%A6%E3%82%82,%E3%81%AB%E5%89%A5%E3%81%8C%E3%81%97%E5%8F%96%E3%82%8B%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

スクレーパーのメーカー情報

スクレーパーのメーカー10社一覧


スクレーパーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社松阪鉄工所
  2. 2 TONE株式会社
  3. 3 株式会社エイシン

設立年の新しい会社

  1. 1 ノガ・ウォーターズ株式会社
  2. 2 株式会社エイシン
  3. 3 アイシン産業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ナルビー
  2. 2 株式会社松阪鉄工所
  3. 3 株式会社坂爪製作所

スクレーパー5選

PEスクレーパ250

株式会社松阪鉄工所

特徴

PEスクレーパ250はガスや水道配水、下水道用に用いられるポリエチレン管の切削を主な用途とするスクレーパーです。

管のサイズに溝位置を合わせスクレーパーを伸ばして管に固定、Lowモードにしたドリルドライバもしくは手動ハンドルを用いて挿入標線まで切削するという簡単な操作で、短時間でジョイントと接続することができます。

オプションで切粉用の収納カバーを付属することができるため、作業後の清掃時間を無くすことで作業時間を短縮させることも可能です。

株式会社松阪鉄工所の会社概要

  • 会社所在地: 三重県津市高茶屋小森町1814番地
  • URL: https://mcccorp.co.jp/
  • 創業: 1916年
  • 従業員数: 173人

製品を見る

スクレーパー

株式会社兼古製作所 スクレーパー 画像出典: 株式会社兼古製作所公式サイト

特徴

スクレーパー No.9105は錆び落としやシール、塗料のはく離、自動車のガスケット剥がしといったケレン作業に使用することができるスクレーパーです。

セルロ―スアセテートのハンドルにクロム・モリブデン・バナジウム合金の高強度な刃先を使用しているため耐久性が高く、安心して作業を行うことができます。

座金付きでハンマーで叩くことができるため、落とし難い強固な錆びも着実に落とすことができます。

1本300円未満と、非常に安価に入手することが可能です。

株式会社兼古製作所の会社概要

製品を見る

スクレーパー

株式会社マーベル スクレーパー 画像出典: 株式会社マーベル公式サイト

特徴

MSP-01は段ボールの開梱作業、フローリングの汚れ落としやコンセントカーバーの取り外し、塗料缶のフタ開け等を目的としたスクレーパーです。

ガラス繊維入り強化ポリアミドを使用しているため軽量で強度が高く、耐久性に優れているため長く使い続けることができます。

また従来の金属製スクレーパーと比べて素材を傷つけにくいため、安心して作業を行うことが可能です。

3種類の厚みを使い分けることが可能なため、「MSP-01」1本でその場において生じた作業用途に対応することができます。

株式会社マーベルの会社概要

製品を見る

コゲラ

株式会社エイシン

特徴

電動スクレーパー「コゲラ」はほぼ全ての建築現場で使用されている電動ドライバーの先端に取り付けることで、タイルやカーペット剥がし作業に使用することができるスクレーパーです。

コゲラ本体を電動ドライバーの先端に装着し、スイッチをONにすることで回転がコゲラ本体で上下運動に変換され、剥がし作業を行うことができます。

作業用途に応じてデカコゲラ、コゲラ、ミニコゲラと大きさの異なる3種類から最適なものを選択することが可能です。

また替え刃もストレート型や刃付オフセット型、刃付オフセット幅広型等様々なラインナップがあるため、必要に応じてカスタマイズすることができます。

株式会社エイシンの会社概要

製品を見る

ビンスクレーパー

アイシン産業株式会社

特徴

ビンスクレーパーはシリカや炭酸カルシウム、酸化チタン、カーボン等様々な種類の粉粒体ホッパー用のスクレーパーです。

粉粒体ホッパー内に使用することで発生したブリッジ、アーチングやラットホール、付着残り等のトラブルを一挙に解消することができます。

ボルトレスの設計となっているため、ホッパー内部での電動工具使用時に懸念されるボルト混入等の心配がなく安心して使用することができます。

また省エネ動力採用で動作音が静かなため、少ない負担で作業を行うことができます。

アイシン産業株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す