【2021年版】スクレーパー メーカー10社一覧

スクレーパーのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スクレーパーとは

スクレーパー

スクレーパーとは、手で持つグリップに平らな刃がついていて、ヘラと似た工具です。工作や建築といった作業現場で、塗料などを塗る表面の仕上げに使用されています。形状は様々ですが、手でもちやすい大きさのものがほとんどです。建築用では大型の製品もあります。

スクレーパーは表面仕上げのほか、はがれにくいステッカーやシール、キッチンの油汚れ、塗料などを剥がす用途にも使われます。

ガラス面に特化したガラススクレーパーもあります。

スクレーパーの使用用途

建築現場の塗装などで、スクレーパーを使用して仕上げ作業が行われています。また、塗装した部分が古くなって剥がす場合や、ちょっとしたバリ取りやさび取りにもスクレーパーが利用されます。

他に、キッチンの油汚れや劣化したパッキンなど頑固で落ちにくい汚れをスクレーパーを使ってこそげ落とします。手の力だけでは汚れや塗料が落ちない場合には、ハンマーでスクレーパーに力をかけて落としていきます。

最近では、使用後のお皿の油をこそげ落とすキッチンスクレーパーもあります。

スクレーパーの原理

スクレーパーの形状は大きく分けて以下の3種類です。

  • ヘラ型
    細かな作業に向いていて、小さな部品やキッチン周辺のせまい場所の汚れなどを落とす用途に向いています。力が入りやすいので、汚れが落としやすいです。窓のサッシのような狭い溝にも利用できます。
  • 幅広型
    扇形タイプとも呼ばれています。ヘラよりも刃部分の幅が広がっているので、壁や床など広範囲な塗りや汚れ落としがしやすいです。スクレーパーとして広く普及している形状です。
  • 1枚刃型/3枚刃型
    とくに3枚刃型は削る力が強いです。窓の汚れやタイルや鏡の水垢、金属のさびを落とす用途でも使用されています。刃は交換できるので、長く使用することができます。

スクレーパーの刃の材質はステンレス、セラミック、超鋼刃、プラスチックなどがあり、対象物や用途によって選択します。落ちにくいさびや汚れであればステンレスが適していますが、対象物が傷がつきやすい材質であれば、プラスチックの刃が適しています。

刃物なので、刃が手に当るとケガをしてしまうので注意が必要です。

参考文献

https://electrictoolboy.com/media/17529/

https://ranking.goo.ne.jp/select/9155

スクレーパーのメーカー情報

スクレーパーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社松阪鉄工所
  2. 2 TONE株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ノガ・ウォーターズ株式会社
  2. 2 株式会社エイシン
  3. 3 アイシン産業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ナルビー
  2. 2 株式会社松阪鉄工所
  3. 3 株式会社坂爪製作所

スクレーパーのメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す