株式会社不二越

【2021年版】超硬ドリル メーカー13社一覧

超硬ドリルのメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


超硬ドリルとは

超硬ドリルは、主にフライス盤ボール盤などの加工機で使用されます。

主に使用する物には、硬い材質の加工物や、加工に難のある材質の穴あけ加工を施す際に使用されます。
また、特徴の一つとして非常に硬い硬度ということが挙げられます。

超硬とは、硬質的な金属炭化物粉末に鉄系金属粉末で焼結して作られる合金です。

刃もの部分の形状には様々なものがありますが、二枚刃のスパイラル形状のものが一般的に使用されています。 

超硬ドリルの使用用途

使用の際には利点と欠点がありますので使用用途として考える必要があります。

  • 利点としては以下のことが挙げられます。

ハイスに比べて、非常に硬いことから高速切削が可能になり加工時間が短縮できます。
また、柔軟性がなく非常に厳格な性質があるため穴の曲がりや拡大を抑え、正確な加工を行うことが出来ます。

  • 欠点としては以下のことが挙げられます。

強度低下に対する抵抗に関しては超硬ドリルはハイスに比べて低いためドリル面の不具合などが起こりやすくなります。 

超硬ドリルの原理

超硬ドリルに関する構成や原理について説明します。

超硬ドリルは、加工に難のある材質の穴あけ加工を施す際に用いられます。

また、超硬ドリルの「超硬」(cemented carbide)とは非常に硬い硬質的な金属炭化物粉末に鉄系金属粉末で焼結して作られる合金です。
鉄の3倍の縦弾性係数、90前後の押込み硬さ、と非常に硬く作られています。

母材のハイスよりも超硬ドリルの方が硬いため高速な穴あけ加工が行え、
柔軟性がなく非常に厳格な性質があり精密な穴あけ加工にも向いています。
また、超硬ドリルを正しく利用するためには、
ドリルの径や種類、切削加工を行う材質により切削の条件に合った加工をあらかじめ確認し加工を行う必要があります。

コーティングや研磨を再度行うことにより再度使用することが可能ですので、
一本一本はハイスよりも高額ですが、工具寿命が長く最終的にはハイスよりも低コストといえるでしょう。

参考文献
https://www.atom21.co.jp/drill/hard_drill.html
https://sakusakuec.com/shop/pg/1drill01/
https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/machine_processing/mp03/b0016.html

超硬ドリルのメーカー情報

超硬ドリルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 サンドビック・コロマント
  2. 2 オーエスジー株式会社
  3. 3 株式会社ヨドバシカメラ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社MOLDINO
  2. 2 有限会社マザム技研
  3. 3 株式会社ソリッドツール

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ムラキ
  2. 2 株式会社不二越
  3. 3 大見工業株式会社

超硬ドリルのメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す