株式会社ダイヘン

【2021年版】スポット溶接 メーカー11社一覧

スポット溶接のメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スポット溶接とは

スポット溶接とはアーク溶接、ガス溶接と並ぶ溶接方法の一種です。2枚の鉄板を電極で挟み込み、大電流を流すことで溶接します。

溶接の手法は基本的に、圧接、ろう接、融接の三種類に分けられ、スポット溶接はこれらのうち、圧接に分類されます。

アーク溶接のようにビード(溶接面)を広く形成する溶接法とは違い、小さな一点のみを接合するため、仕上がりが綺麗になります。

電気抵抗によって母材を加熱するという性質を持つため、電気抵抗スポット溶接とも呼ばれます。

スポット溶接の使用用途

外観が綺麗に保てるということで、自動車や鉄道車両、家電製品の部品を接合する際に用いられています。溶接の際には専用のスポット溶接機が使われ、溶接したい母材を重ね合わせた上で2つの電極に挟み込むことで母材を加熱し、溶接します。

スポット溶接機を使う利点は多く、他の溶接機と違って母材を直接挟み込んで溶接するため、シールドガスやフラックスなどの溶加材が必要ないという点があります。そして、アーク溶接やガス溶接は作業者の技術によって仕上がりが大きく作用されますが、スポット溶接は初心者でも容易に溶接できるというメリットもあります。

ロボットアームなどと組み合わせることで、作業の自動化をすることも可能です。

スポット溶接の原理

スポット溶接機は電源部、トランス部、溶接ヘッドの3つの部品に分けられます。

電源部が定められた通電時間に従って整流された電流をトランス部へと流し、トランスがその電流を増幅させて、大電流を溶接電極へと流します。溶接ヘッドは圧力をかけることで母材を固定し、溶接ヘッドの先に取り付けられた電極に大電流が流れることで母材を電気抵抗によって加熱します。やがて融点に達した母材が溶けだし、空気によって冷却されることで固まり、溶接が完成します。

スポット溶接のデメリットとして母材が薄い場合にしか溶接出来ないというものがあります。母材に一瞬だけ大電流を流し、電気抵抗による加熱で溶かすという性質から、大電流が流れる一瞬のうちに溶かしきれないような厚みのある母材には使用できません。また、アーク溶接などと違って一点しか溶接出来ず、溶加材などを使って補強もしない為、溶接強度が弱くなるというデメリットもあります。

薄い母材同士を溶接するのに向いているスポット溶接ですが、溶接の強度や溶接の自由度といった点ではアーク溶接やガス溶接には劣ると言えるでしょう。

 

参考文献
https://www.yashima-corp.jp/column/column5/
https://mitsu-ri.net/articles/spot-welding#:~:text=%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%E6%BA%B6%E6%8E%A5%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E6%BA%B6%E6%8E%A5,%E6%BA%B6%E6%8E%A5%E3%81%A8%E3%82%82%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
https://www.hi-mecha.co.jp/technology/metal_welding/basic/

スポット溶接のメーカー情報

スポット溶接のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 大同興業株式会社
  3. 3 山陽電機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 近藤テック株式会社
  2. 2 古河電工パワーシステムズ株式会社
  3. 3 株式会社ウェルドスポット

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 大同興業株式会社
  3. 3 山陽電機株式会社

スポット溶接のメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す