【2021年版】オフセット砥石 メーカー14社一覧

オフセット砥石のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


オフセット砥石とは

オフセット砥石とは円盤状の砥石のことです。主にディスクグラインダーなどに取り付けて使用されます。機械に取り付けられたオフセット砥石は高速で回転させられ、金属などの表面を研磨します。表面を均一に削り取ったり、製造過程で発生するバリ取りに役立つ工具です。硬度や砥石に使われる砥粒の種類によって様々なタイプがあるので、用途や対象となる金属などの性質により適したタイプのオフセット砥石を使用する必要があります。

オフセット砥石の使用用途

オフセット砥石は金属などの表面を研磨する際に使われます。例えば、ステンレス鋼やアルミニウムです。金属製品の製造過程では必ずバリ取りが必要になったり、表面を綺麗に研磨する必要があったりします。オフセット砥石は円盤状のため円の面部分と円周部分の両方を使って研磨することが可能で、様々な製品に応用ができます。表面を均一に削って美しい見た目にすることも可能ですが、ある程度角度を付けて削ることで深く掘ることも可能です。

オフセット砥石の原理

オフセット砥石は円盤状の砥石であり、研削砥石の一つです。研削砥石とは一種類の強固な素材を用いるのではなく、複数の砥粒を結合させて作った砥石のことです。

オフセット砥石も、多数の砥粒と結合材、その隙間の気孔からできています。硬度の高い砥粒は結合材によって大量に結合されていますが、その隙間には複数の気孔ができます。これは研磨時に発生する熱を外に放出してくれる役目があります。さらに、削りかすを取り除く隙間にもなります。

研削砥石の優れた点は長期間使用ができる点です。通常の砥石では、長期間使っているとだんだんと鋭さがなくなります。これは砥石自体が削られて、研磨性能が下がっているからです。しかし、研削砥石はこの鋭さを自己修復することができます。大量の砥石と正孔で作られている研削砥石も使い続けていく内に表面が削られていきますが、劣化と共に表面の砥粒は剥がれ落ちていきます。すると、長期間使い続けても表面の凹凸が消えないため、研磨性能が下がらずに使用することができるのです。

参考文献
https://www.resibon.co.jp/products/tech-basic/
https://www.okayasanso.co.jp/purpose/cutting/4336

オフセット砥石のメーカー情報

オフセット砥石のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  2. 2 富士製砥株式会社
  3. 3 日本レヂボン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社クロダ
  2. 2 三晃製砥株式会社
  3. 3 ニューレジストン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  2. 2 クレトイシ株式会社
  3. 3 株式会社ヤマトメ

オフセット砥石のメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す