【2021年版】真空成形機 メーカー10社一覧

真空成形機のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


真空成形機とは

真空成形機とは、真空成型における作業工程を一括して行うことができる立体3D製作機のことです。

真空成型とは、プラスチックなどの熱可塑性材質でできたシートを加熱して変形させ、型にかぶせてから脱気することで型どおりに成形をする技術のことです。

1930年代に始まった技術ですが、操作が簡単なことや、コストがかからないことに加え、短時間で作業できることから、特定の形状を少ないロットで作成することができる効率の良い成形方法としてよりニーズが高まっています。

真空成形機の使用用途

ここで、真空成形機の使用用途について説明します。

立体成形を行うことができる製作機として、電子機器分野、自動車分野、宇宙航空分野、食品分野、包装分野、教育関連など、多岐にわたる分野において幅広く利用されています。

立体物の制作や、企業や研究室において、プロトタイプの作成や、イメージやモデルの具現化をする用途で用いられているほか、教育現場において、木工やデザインの目的で使用したり、微小部品の搬送や美術品などを保護する目的でパッキングする用途に用いられることもあります。

また、真空成型に3D印刷技術を補完的な作業工程として併用して用いることで、複製が容易に行える上、プラスチック加工における用途では費用対効果が上がります。

真空成形機の原理

続いて、真空成形機の原理について説明します。

真空成型機は、熱可塑性のプラスチックシート、成形型、シート加熱用のヒーター、脱気して真空状態にする真空ポンプなどで構成されています。

真空成型は、プラスチック樹脂素材のシートを加熱することで柔らかく変形させ、それで金型を覆った後に、シートと型の間の空気を真空ポンプで脱気して真空状態にすることで生じた圧力を利用してシートを型に押し付け、冷却してプラスチックを硬化することで成形します。

真空成型機はこの加熱変形、真空成型、冷却硬化、取り出しのプロセスを短時間で連続的に行うことで単発生産から大量生産を可能にしています。

参考文献
https://seikosan.com/products/seiko/seiko-03/
https://www.daiichiplastic.co.jp/technology/vacuum.html
https://www.tegakari.net/2020/05/vaquform-dt2/
http://www.matsuba-jp.com/about-shinkuseikei.html
https://nsksystem.co.jp/product/formech/jp/about/about-vacuum-forming/index.html

真空成形機のメーカー情報

真空成形機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社浅野研究所
  2. 2 布施真空株式会社
  3. 3 株式会社川﨑鉄工所

設立年の新しい会社

  1. 1 Martini Tech株式会社
  2. 2 パックプロ・ジャパン株式会社
  3. 3 株式会社岩城工業

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ショージ
  2. 2 株式会社川﨑鉄工所
  3. 3 株式会社浅野研究所

真空成形機のメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す