産業用製品比較のメトリー
メトリー
芝浦機械株式会社
理化工業株式会社
川崎重工業株式会社
宇部興産機械株式会社
アイメックス株式会社
アールエスコンポーネンツ株式会社

【2020年版】押出成形機1選 / メーカー29社一覧

押出成形機のメーカー29社・48製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


押出成形機とは

押出成形機は、材料を加熱して柔らかくし、シリンダのスクリューで押し出すことでチューブや棒状に連続して加工する機械です。
うどんの成型機やところてんのイメージに近い仕組みです。
押出成形機でペレット状やミンチ状の材料を丸形や角型のパイプやチューブ、ダクト、シート等の形に加工します。
押出成形は古くからありますが、食品だけでなく金属やプラスチックの加工等に幅広く利用されています。
プラスチック等は押出成形機を通過した後、水冷や空冷し硬化させ最終製品としたり、焼成したりします。

押出成形機の使用用途

押出成形機は材料を加熱して融解し押し出すので、アルミニウム、銅、合金、マグネシウムの棒やチューブ、針金などやプラスチックの成型に利用されています。
最近ではセラミックのレンガも押出成形で作られています。
プラスチックを原料とする合成繊維は原料の途中まで押出成形で、そのあと細い糸に加工しています。
工業分野以外では、ソーセージ、パスタやビーフン、ペットフードといった食品の加工にも押出成形機が使われます。
押出成形機では、蒸気を加えて熱することができ、食品中の微生物を軽減し、でんぷんの糊化も同時に行うことができます。

押出成形機の原理

押出成形機の原理はシンプルですが、安定した製品を作るためには材料に応じて各所の条件を最適化することが重要です。
まず、ホッパーに材料を入れ、目詰まりを起こさないよう一定の速度に調節してシリンダに材料を充填していきます。
シリンダのヒーターで材質を加熱して柔らかくし、スクリューのスピードを調節しながら押し出すことでチューブ状や棒状に加工します。
材料の温度管理が重要で、温度が高すぎると材料が柔らかすぎてしまい、低すぎると圧力がかかりすぎて表面にひびが入ったり空洞ができたりする原因になります。
スクリューの押出スピードによっても材料が摩擦熱を受けるので、設定温度と実際の温度をモニターします。
スクリューは一軸方式と多軸方式があります。
押出口のダイと呼ばれる口金の形を変えることでチューブ状や棒状、シート状に加工します。
多くのプラスチックの場合押出成形機で加工した後は、冷却装置で冷やし、切断して製品となります。
シートの場合は押出成形機を通過した後、ローラーによりさらに伸ばされてシート状になります。

参考文献

https://minsaku.com/category01/post219/
https://www.keyence.co.jp/ss/products/sensor/plastic-molding/glossary/#die

押出成形機のメーカー情報

押出成形機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 川崎重工業株式会社
  2. 2 日立造船株式会社
  3. 3 芝浦機械株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 宇部興産機械株式会社
  2. 2 アールエスコンポーネンツ株式会社
  3. 3 Din-Han Machinery

歴史のある会社

  1. 1 MILACRON
  2. 2 日本コークス工業株式会社
  3. 3 川崎重工業株式会社

押出成形機のメーカー29社一覧


押出成形機1選

真空混練押出成形機

ユニバース株式会社 真空混練押出成形機 画像出典: ユニバース株式会社公式サイト

特徴

ユニバースの真空混練押出成形機は、弊社独自の特殊スクリューによる精密混練~真空押出し~成形が一台で連続生産できる装置です。

分解・洗浄・組立までのメンテナンス性に配慮した設計をしています。

連続成形できる形状はハニカム・シート・パイプ・ムク棒等で、セラミック系をはじめカーボン系・金属系・有機物系・食品系の材料が適しています。

最大径φ400程度まで成形可能で、出口部分にメッシュを搭載することで、材料の均一性を高めて成形体の表面を滑らかに押し出します。

お客様の材料や希望する形状を考慮し、成形条件に応じて装置のサイズや仕様をカスタマイズできることから、自動車・電子・食品業界や大学・研究機関等において商品開発や量産まで分野を問わず広範囲で利用されています。

ユニバース株式会社の会社概要

製品を見る

押出成形機の48製品一覧

関連記事

カテゴリから探す