【2021年版】油圧カッター メーカー10社一覧

油圧カッターのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


油圧カッターとは

油圧カッターは、油圧の力を利用して鉄棒や鋼材等を切断する事が出来る機材となります。油圧カッターには手動式と電動式があり、主な違いは切断力の違いになります。

油圧カッターの最大のメリットは、ガス溶断やグラインダーでの切断作業とは違い火花などが発生しないことで、火気の使用が制限される現場でも作業を行うことが可能です。また、高所や足場の悪い場所などでの作業もガス溶断作業等に比べれば用意に作業が進められます。

油圧カッターの使用用途

手動式の油圧カッターは、電線等の切断が主な目的となります。通常のカッターでは切断困難な、太いケーブルなども油圧の力である程度容易に切断可能です。軽い力で切断出来るということは、高所などの作業でも力まずに作業が出来るため、安全性が高まるとともに作業効率が上がります。

電動式の油圧カッターは電動の油圧ポンプの力によって切断を行います。手動式の油圧カッターよりも大きな力を発生させられるため、より太いケーブルや鉄棒なども切断可能です。

油圧カッターの原理

油圧カッターは、本体内のシリンダに手動または電動ポンプで油圧を掛ける事によりピストンを動かし、2つのアームに大きな力を加えることでケーブル等を切断します。油圧カッターはとても強力な切断力を持っていますが、カッター部分は通常炭素鋼であるため、これ以上硬い鋼材は切断出来ません。
油圧カッターを使用する上でのポイントとしては、カッターの中央部分よりも根本部分の方が切断力が倍近く高いということです。

油圧カッターの油圧とは、いわゆるパスカルの原理の事であり、油を容器内に閉じ込めて一部に圧力を加えると、容器内のすべての面に同じ力で垂直な力が働く作用のことです。この仕組を活用することで、手動式の油圧カッターでも作業者が加えた力の何倍もの力がカッターに加わり、太いケーブルを切断することが出来ます。

手動式油圧カッターが手動で油圧を与えるの対し、電動式油圧カッターは電動の油圧ポンプでカッターに油圧を与えて切断物を切断します。手動に比べて比較出来ないほど大きな力を加えられるため、より太いケーブルや鋼材等も切断可能です。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/401/

油圧カッターのメーカー情報

油圧カッターのメーカー10社一覧


油圧カッターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 エナパック株式会社
  2. 2 マクセルイズミ株式会社
  3. 3 日本ニューマチック工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アーム産業
  2. 2 株式会社マルタカ電器
  3. 3 株式会社ダイア

歴史のある会社

  1. 1 日本ニューマチック工業株式会社
  2. 2 マクセルイズミ株式会社
  3. 3 株式会社タグチ工業

関連記事

カテゴリから探す