ダイトロン株式会社

【2021年版】ガラス切断機 メーカー13社一覧

ガラス切断機のメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ガラス切断機とは

ガラス切断機とは、その名前の通りガラスを切断するための機械です。

切断の大まかな手順としましては、まず加工を行うガラスを切断機にセッティングします。
自動制御で切断を行う場合は、パソコン上で無駄な加工が出ないように制御してから加工していきます。
ホイルカッターと呼ばれる回転する刃物でガラス表面に傷をつけていきます。
ここは、自動の場合もあれば手動で行う場合もあります。
その後、キズを付けた部分を手動で折ることによってガラスの切断を行っています。

ガラスというのは、少しキズを付けるだけで割れてしまうという特徴があります。
この特徴を活かして、上記のような切断加工方法が採用されています。

ガラス切断機の使用用途

ガラス加工を行う際、一番最初に使用するものがガラス切断機になります。
その後、熱を加えたりとさまざまな加工方法がとられて私たちの身近なものに使用されるようになります。

ガラス素材の特性として一番に挙げられるのは、やはり割れやすいことではないでしょうか。
日常生活でガラスが割れてしまった場合、その破片はとても鋭利で怪我をしてしまう恐れもあります。
なので普段であれば、この割れやすいという特徴は欠点であると言えるでしょう。

しかしガラスの加工面においては、この割れやすさが長所になると言えるでしょう。
少しの力で、形状を変形させることが可能なのでさまざまな製品に応用することが可能になっています。

ガラス切断機の原理

ガラス表面にキズを付ける際に使用されるカッターですが、
注意しなければならない点があります。

ガラス切断機の原理は、まず表面にキズを付けてからその部分を切断するのですが
そのキズ付けの際、カッターに入れる力を一方向にしないと
素材であるガラスに亀裂が入ってしまい、綺麗にガラスが切断できないことになってしまいます。

ガラス切断機は、自動の機械もありますが、手動で行う場合もあります。
その際には、現場職人の方の力量によって加工の良し悪しが定まってしまいます。

参考文献

https://kodama-glass.co.jp/kgpress/archives/21733

https://www.sanshiba-g.co.jp/setubi/setsudan.html

http://www.op.titech.ac.jp/lab/Take-Ishi/html/ki/hg/et/sb/glasscutter/glasscutter.html

https://www.giya-man.com/column/3/

ガラス切断機のメーカー情報

ガラス切断機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ダイトロン株式会社
  2. 2 三星ダイヤモンド工業株式会社
  3. 3 日本電子工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 グラスリンク株式会社
  2. 2 株式会社ワイエイシイダステック
  3. 3 株式会社TGM

歴史のある会社

  1. 1 杉村商事株式会社
  2. 2 三星ダイヤモンド工業株式会社
  3. 3 齊藤精機株式会社

ガラス切断機のメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す