ダイトロン株式会社

【2021年版】ガラス切断機5選 / メーカー13社一覧

ガラス切断機のメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ガラス切断機とは

ガラス切断機とは、その名前の通りガラスを切断するための機械です。

切断の大まかな手順としましては、まず加工を行うガラスを切断機にセッティングします。
自動制御で切断を行う場合は、パソコン上で無駄な加工が出ないように制御してから加工していきます。
ホイルカッターと呼ばれる回転する刃物でガラス表面に傷をつけていきます。
ここは、自動の場合もあれば手動で行う場合もあります。
その後、キズを付けた部分を手動で折ることによってガラスの切断を行っています。

ガラスというのは、少しキズを付けるだけで割れてしまうという特徴があります。
この特徴を活かして、上記のような切断加工方法が採用されています。

ガラス切断機の使用用途

ガラス加工を行う際、一番最初に使用するものがガラス切断機になります。
その後、熱を加えたりとさまざまな加工方法がとられて私たちの身近なものに使用されるようになります。

ガラス素材の特性として一番に挙げられるのは、やはり割れやすいことではないでしょうか。
日常生活でガラスが割れてしまった場合、その破片はとても鋭利で怪我をしてしまう恐れもあります。
なので普段であれば、この割れやすいという特徴は欠点であると言えるでしょう。

しかしガラスの加工面においては、この割れやすさが長所になると言えるでしょう。
少しの力で、形状を変形させることが可能なのでさまざまな製品に応用することが可能になっています。

ガラス切断機の原理

ガラス表面にキズを付ける際に使用されるカッターですが、
注意しなければならない点があります。

ガラス切断機の原理は、まず表面にキズを付けてからその部分を切断するのですが
そのキズ付けの際、カッターに入れる力を一方向にしないと
素材であるガラスに亀裂が入ってしまい、綺麗にガラスが切断できないことになってしまいます。

ガラス切断機は、自動の機械もありますが、手動で行う場合もあります。
その際には、現場職人の方の力量によって加工の良し悪しが定まってしまいます。

参考文献

https://kodama-glass.co.jp/kgpress/archives/21733

https://www.sanshiba-g.co.jp/setubi/setsudan.html

http://www.op.titech.ac.jp/lab/Take-Ishi/html/ki/hg/et/sb/glasscutter/glasscutter.html

https://www.giya-man.com/column/3/

ガラス切断機のメーカー情報

ガラス切断機のメーカー13社一覧


ガラス切断機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ダイトロン株式会社
  2. 2 三星ダイヤモンド工業株式会社
  3. 3 日本電子工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 グラスリンク株式会社
  2. 2 株式会社ワイエイシイダステック
  3. 3 株式会社TGM

歴史のある会社

  1. 1 杉村商事株式会社
  2. 2 三星ダイヤモンド工業株式会社
  3. 3 齊藤精機株式会社

ガラス切断機5選

SGK-2536 ガラスCNCセンター

齊藤精機株式会社 SGK-2536 ガラスCNCセンター 画像出典: 齊藤精機株式会社公式サイト

特徴

SGK-2536ガラスCNCセンターは大板の光学ガラスの外周・孔開け・溝切り・マーク入れなどの各種加工を0.05ミリメートル以下の高度な位置精度で行うことのできるガラス切断・加工機です。

各種加工をNC5軸と3種のアンギュラヘッドにより、2.5次元の加工を高い精度でもって行うことが可能です。

ダイアモンドヘッドを装着した各種アンギュアヘッドはSGK-CAD・CAM専用ソフトを使用することで目的に応じた柔軟に様々な加工方法を選択することができます。

齊藤精機株式会社の会社概要

製品を見る

スライシング/ダイシングマシン DAS110

株式会社ワイエイシイダステック スライシング/ダイシングマシン DAS110 画像出典: 株式会社ワイエイシイダステック公式サイト

特徴

スライシング/ダイシングマシンDAS110は30mmtの厚いワーク対象物をも高い精度でもって切断することのできるガラス切断機です。

自動アラインメント機能と設置されたオペレーションパネルによって、高い加工精度・生産性および省エネ率を実現することができます。

さらには単刃ブレードとの交換も容易で、一度に大量のワークを切断することが可能です。

対応ワークはネオジム磁石、セラミック、各種ガラスなど多岐に渡る材質に対し使用することができます。

株式会社ワイエイシイダステックの会社概要

製品を見る

超音波加工機 UM-150C

日本電子工業株式会社

特徴

UM-150Cは材料試験用のテストピースの切り出し、小型部品の打抜き・孔開け・ザグリ加工、小型孔の同時加工など比較的小さい・細かいガラス加工を行うことのできるガラス加工・切断機です。

油圧重錘式による加圧機構で、加工台を下から上へ押し上げることで作業加圧が加わります。

高い加工の際の送り感度をほこるので、1ミリメートル以下の小さい孔、細かいスリット加工などを行うことができます。

砥粒循環方式により、長時間にわたる加工が可能です。

日本電子工業株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県相模原市中央区中央3-14-7
  • URL: http://www.ndkinc.co.jp/
  • 創業: 1957年
  • 従業員数: 200人

製品を見る

カバーガラス加工機

ダイトロン株式会社 カバーガラス加工機 画像出典: ダイトロン株式会社公式サイト

特徴

カバーガラス加工機NMPG-superはスマートフォンおよびタブレットに使われるカバーガラスを加工するための機器です。

省スペースサイズの本体に2種類の加工ステージとローダーを装備しています。

カバーガラスの外形・長穴・凹部を加工することが可能で、CCD画像処理により加工素材の位置検出をすることができるので高精度の加工を実現します。

加工砥石は長寿命で、管理・メンテナンスが容易に行うことができ、さらにCAD/CAMによる柔軟な曲線加工も可能です。

ダイトロン株式会社の会社概要

製品を見る

ガラス切断機

アームスシステム株式会社 ガラス切断機 画像出典: アームスシステム株式会社公式サイト

特徴

手動ガラス切断機は大型のガラス基板を切断するための機器です。

この切断機はスクライブ後のブレイク機構を兼ね備えており、スクライブラインの観察及び確認用のカメラ・モニターも装備しているので高い精度のカッティングが可能です。

切断用カッターが縦方向と横方向の2方向に装備されているので、柔軟な切断をすることができます。

1台の装置でワークのスクライブとブレイクを手作業・マニュアル操作により容易に行うことができます。

アームスシステム株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す