【2021年版】多軸ボール盤 メーカー4社一覧

多軸ボール盤のメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


多軸ボール盤とは

多軸ボール盤とは、多数保持した主軸で複数の穴を同時に加工することが出来るボール盤です。
また、ネジ穴の加工も同時に行うことも出来ます。

加工を行う際には加工物を専用台にセットし、自動制御加工がおこなわれます。
ですので、汎用的に使用する多軸ボール盤は少なく、加工物に合わせた専用の多軸ボール盤を用意する必要があります。

一点ものの加工ではなく、大量生産の加工物を生産する際に使用されます。

多軸ボール盤の使用用途

多軸ボール盤は、多数保持した主軸で穴開け、タップ穴、リーマ仕上げまで幅広い穴の加工を同時に行うことができます。
また、大量生産の加工物を生産する際に主に使用されます。

主軸も多いものでは30以上もあることからある程度大きいサイズの穴あけを一度に加工することが出来ます。
その特性から生産ラインに組み込まれ使用されます。

同時に複数の穴加工を行えることから、汎用機のボール盤とは違いコストの面でも加工費用を抑えることが出来ます。

多軸ボール盤の原理

ここでは多軸ボール盤の原理について説明します。

多軸ボール盤は、上部にある主軸にドリルを取り付け回転させ、ハンドルまたは自動制御盤を操作し昇降させて穴を開けます。
また、上下のスライド量は主軸操作ハンドルのギヤにより制限が掛けられているため、
穴あけの調整はテーブルの高さ調整で行い材料に穴を開けることが出来ます。

主軸の回転数の変更は、
上部に取り付けられている制御盤の回転数を変更することにより、主軸の回転数を変えて使用します。

ジャコブステーパータイプ、モールステーパータイプのシャンクいずれかのタイプの主軸が使用されています。
どちらのタイプにもテーパーシャンクドリルを使用することが出来ます。
(ジャコブステーパータイプの場合はチャンクアッパーを取り付ける必要があります。)

  • テーパーシャンク
    テーパーシャンクは、付け外しも容易に行え、高付加に強い特徴がありトルクを必要とするボール盤に広く採用されています。

参考文献
https://www.kousakukikai.tech/drilling/
http://20171214180852155279.onamae.jp/machine/multi-spindle/ms-s/ms-s_drill_tapp_j.htm

多軸ボール盤のメーカー情報

多軸ボール盤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 東洋精機工業株式会社
  2. 2 株式会社アイキュー・ワン

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アイキュー・ワン
  2. 2 東洋精機工業株式会社
  3. 3 光精工株式会社

歴史のある会社

  1. 1 宮川工業株式会社
  2. 2 光精工株式会社
  3. 3 東洋精機工業株式会社

多軸ボール盤のメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す