黒田精工株式会社
住友重機械工業株式会社
セイコーインスツル株式会社

【2021年版】研削機 メーカー14社一覧

研削機のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


研削機とは

研削機とは、砥石を高速回転させ少しずつ削り精度の細かい研削加工を行う機械です。

使用する砥石により、加工面の面粗度を細かくし仕上げ加工を行えます。
また、切削加工機では困難な焼き入れ材等の硬い部材や、面粗度や精度を出す場合に使用されます。

切削加工機とは違い大きく削りたい場合には研削機は性質上向いていません。
ですので、大きく削りたい場合は形削り盤・平削り盤・フライス盤等を使用する必要があります。

研削機の削りしろは規格化されておりその規格に合わせて加工する必要があります。 

研削機の使用用途

研削機は研削加工を行うための機械です。

高い精度を求められる機械部品の製作に用いられ、切削加工では困難な精度や面粗度の加工を可能とします。

また、前工程には「切削加工」、後行程には「研磨加工」があります。
研磨加工は研削よりもさらに高精度かつ高面粗度の加工に使用されます。

研削加工の加工には様々な種類があります。以下に研削加工のタイプ別使用例をご紹介します。

  • 平面を研削 平面研削
  • 円筒を研削 円筒研削
  • 円筒の内側を研削 内面研削 

研削機の原理

ここでは研削機の加工方法や研削機の種類について説明します。

研削機は研削盤とも呼ばれます。

一般的な研削加工は、取り付けた砥石を高速で回転させ加工する部材に押し当て少しずつ削ります。
砥石により切削加工では削る事が困難な硬度の部材(焼き入れ焼き戻し部材、Si部材)などを、
高精度(ミクロン単位)で加工することが可能です。
また、平面度、平行度を向上させる目的、円筒のものを研削する際には真円度、円筒度を向上させる目的にも使用されます。

研削加工時、加工部材は磁力により保持されるので、磁性のない部材などの研削加工に対しては工夫が必要になります。

また、研削加工時には磁力によりワークを保持する為、ステンレスなどの磁性のない
ものの研削には工夫が必要になります。

そのほかの加工機と同様に、目的の加工や用途、切削する部材に合わせて研削方法や保持方法を使い分ける必要があります。 

参考文献
https://www.kousakukikai.tech/grinder/
https://sakaitec.co.jp/engineering/machiningwork/285
https://kikakurui.com/b0/B0711-1976-01.html
https://d-engineer.com/kikaikakou/kensaku.html

研削機のメーカー情報

研削機のメーカー14社一覧


研削機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 住友重機械工業株式会社
  2. 2 セイコーインスツル株式会社
  3. 3 トーヨーエイテック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 PALMARY Machinery Co.Ltd.
  2. 2 株式会社ナノファクター
  3. 3 株式会社シーケービー

歴史のある会社

  1. 1 住友重機械工業株式会社
  2. 2 株式会社シギヤ精機製作所
  3. 3 株式会社岡本工作機械製作所

関連記事

カテゴリから探す