東京彫刻工業株式会社
山田マシンツール株式会社
尼崎彫刻工業株式会社
グラボテック株式会社
グラボテックグループ

【2021年版】彫刻機 メーカー14社一覧

彫刻機のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


彫刻機とは

彫刻機とは、回転する工具やレーザーなどを用いて、ガラスやプラスチックや金属などに、文字やデザインなどを彫刻するための機械です。

手動で動かして加工するものや、パソコンと接続して、自動的に加工することができる彫刻機もあり、彫刻の工具も、ダイヤモンドなどの材質の刃やレーザーなどがあります。
大きさも卓上で使える小型なものから大型のものまで幅広く、彫刻をしたい対象物の大きさに合わせて使うことが出来ます。

従来は、彫刻機を扱う職人によって培われた高度な技術を必要としていましたが、彫刻機の加工技術の発展により、安価で容易に精密な加工ができるようになりました。

彫刻機の使用用途

ここで、彫刻機の使用用途について説明します。
彫刻機は、金属やプラスチックなどの対象物に対して、彫刻や切削などの加工を行うことを目的として使用します。

彫刻機を使うことで、具体的には、文字やロゴマーク、デザインなどを精密かつ正確に彫ることができます。

職人による熟練された技術が必要な加工の場合には、手動式の彫刻機を用いますが、元デザイン通りの加工を大量に行いたい場合は、パソコンと接続して加工することができる彫刻などを用いると、短時間で大量の加工を安価で仕上げることが出来ます。

他にも、レーザーによる彫刻機があり、他の彫刻機と比べて、彫刻の速さや、彫刻の刻みの細かさ、自由度の高い加工ができる点などで非常に優れています。

彫刻機の原理

続いて、彫刻機の原理について説明します。

彫刻機は、モーターによる動力や、加工刃の硬度を利用して、加工したい対象物の表面を削り、彫刻や切削の加工をすることが出来ます。

彫刻機の一種である、レーザー加工の原理について説明します。

レーザーによる加工は、削るのではなく、レーザー光の熱を利用して、熱の力で加工したい対象物の材料を部分的に溶かすことで加工しています。

レーザー加工は、他の彫刻の工具と違い、摩擦や刃の硬度などを必要とせず、レーザー光の出力の強度で加工の強度を上げることができ、出力を変えることで、彫刻の線の幅なども自在に変化させることが出来ます。
そのため、自由度の高い加工を素早く仕上げることが出来ます。

参考文献
https://www.engraver.jp/
https://www.engraver.jp/m_engraver.html
https://www.troteclaser.com/ja/faqs/difference-laser-engraver-laser-cutter/

 

彫刻機のメーカー情報

彫刻機のメーカー14社一覧


彫刻機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 グラボテック株式会社
  2. 2 株式会社静岡制御
  3. 3 東京彫刻工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ウィズアス
  2. 2 シーフォース株式会社
  3. 3 directindustry

歴史のある会社

  1. 1 東京彫刻工業株式会社
  2. 2 尼崎彫刻工業株式会社
  3. 3 株式会社ヤスオカ

関連記事

カテゴリから探す