【2021年版】切削加工機 メーカー5社一覧

切削加工機のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


切削加工機とは

切削加工とは、工作物を切断したりや削ったりすることで工作物を成形する技術のことで、切削加工機は、その際に用いる機械です。
切削加工は、加工の方法が多岐にわたり、加工方法ごとに用いる工具が異なるため、作りたい工作物の形に合わせて使い分けています。
そのため、作りたい形状に適した切削加工方法と工具を選ぶことが必要です。

切削加工機の使用用途

ここでは、切削加工の方法と工具の分類と使用用途について説明します。
切削加工に用いる工具は、単刃と多刃の2つに大分することができ、さらに、旋削、フライス、穴あけの3種類に分けることができます。
旋削加工は、回転させた工作物そのものに対して、単刃の工作物を削る旋削工具を当てることで加工します。
旋削加工にはさまざまな方法がありますが、いずれの場合でも、工作物を回転させるという加工方法の特徴から、ボルトやニードルなどの丸い形状をした製品を作ることが出来ます。
フライス加工は、工作物の方を固定しておき、フライス盤という多刃の工具を回転させることによって加工する方法です。
フライス盤の種類はさまざまであり、加工の方法によって用いる工具を変えます。溝を加工したり、曲面を削ったりすることができます。
穴あけ加工は、ボール盤に工作物を置き、ドリルを回転させることで工作物に穴をあける方法です。さらに、表面を滑らかにするためにリーマという工具が使われます。穴あけ加工による用途にはねじやボルトなどがあります。

切削加工機の原理

切削加工の原理を説明します。
切削加工は、工作物または工具の方を高速に回転させることで素材を削ることが出来ます。切削の方法ごとに適した加工の形状があるので、丸物なのか、平面物なのかで切削方法を使い分けます。
削る際に、熱が発生して工作物が変形してしまったり、回転させる加工速度を上げすぎると精度が落ちてしまい、品質が下がってしまったりするため、工作物の素材や、加工したい形状に合わせた加工速度にすることが必要です。

参考文献
https://mitsu-ri.net/articles/cutting_processing
https://www.jmtba.or.jp/machine/introduction
https://www.keyence.co.jp/ss/products/measure-sys/machining/cutting/type.jsp

切削加工機のメーカー情報

切削加工機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オークマ株式会社
  2. 2 株式会社中村機械
  3. 3 株式会社イワシタ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社中村機械
  2. 2 株式会社岩間工業所
  3. 3 双葉機器工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 オークマ株式会社
  2. 2 株式会社イワシタ
  3. 3 株式会社岩間工業所

切削加工機のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す