ダイトロン株式会社

【2021年版】面取り機 メーカー15社一覧

面取り機のメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


面取り機とは

面取り機とは、木材、鋼材などの角をC面にすることで角を削除する加工機のことです。

特に、硬い材料などに角が立つことでケガなどを防止する役割などもあります。

図面などに面取り指示などある場合は、図面では「C2」という表記が記載されています。

縦・横を面取り機で、2㎜削除するという意味です。

材質などにより、面取り機を変えることで面を削除することができます。

面取り機のチップにも、木材用、鋼材用などといった種類もあります。

面取り機の使用用途

面取り機は、角を削除するための機械です。

面取り機の用途について説明します。

  • ハンディータイプの面取り機
    鋼材などの面取りをする工具です。
    現場など高いところにも持ち運びができるタイプです。
  • ハンディータイプの面取り機 曲線加工も可能
    鋼材など面取りをする工具です。
    C面にこだわらず、R形状の曲線の加工も可能です。
  • 卓上タイプの面取り機
    鋼材などの面取り機械です
  • パイプ面取り機
    鋼材のパイプの外側・内側の面取り機です。

面取り機の特徴

面取り機は、角を削除する機械です。
 
面取り機の特徴について説明します。

面取りの加工形状

  • C面取り
  • R面取り
  • 糸面取り(細かい面取り)

 

  • ハンディータイプの面取り機
    持ち運びができるタイプです。
    大型機器で面取りが出来ない場合に使用する面取り機器です。
  • ハンディータイプの面取り機 曲線加工も可能
    持ち運びができるタイプです。
    面取りが出来る形状
    • 穴径:角を削除
    • 半径:角を削除
    • 溝 :角を削除
    • 角材:角を削除
    • R面取り:角を半径状に加工

      幅広い形状での面取りができます。
  • 卓上タイプの面取り機
    切削加工後のバリなど取り除く面取り機。
  • パイプ面取り機
    • メントリー
      面を取るだけの道具
      内側と外側をの面を取ることができる
      主に塩ビ管
      • デメリット
        鋼管は厳しい
    • 電動パイプリーマー
      主に鋼管の面取りに使う
      電動なので早い
      内側と外側の面を取ることができる
      • デメリット
        機器の値段が高い
    • パイプリーマー手動
      手で回しながら面取りができる
      内側と外側の面を取ることができる
      電源がなくても使える
      • デメリット
        管種や口径ごとにそろえる

参考文献
https://haikanko.net/8-chamfering-tools-essential-for-piping

面取り機のメーカー情報

面取り機のメーカー15社一覧


面取り機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ダイトロン株式会社
  2. 2 株式会社東精エンジニアリング
  3. 3 杉本商事株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社チューブエンジニアリング
  2. 2 丹波貿易株式会社
  3. 3 株式会社ホクセイ製作所

歴史のある会社

  1. 1 杉本商事株式会社
  2. 2 株式会社ニシムラジグ
  3. 3 株式会社コーレンス

関連記事

カテゴリから探す