エクセン株式会社
3Mジャパン株式会社

【2021年版】ブラスター メーカー15社一覧

ブラスターのメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ブラスターとは

ブラスターは、サンドブラスターやショットブラスターとして使われ、微粒子を表面に吹き付けて、様々な表面加工を施すために使用されます。

サンドブラスターでは珪砂などの砂を吹き付けるのに対し、ショットブラスターでは細かな鋼球を吹き付けます。

用途として、前者は表面の傷や粗さを抑えたい材料に使用し、後者は金属などに付着した頑固な錆や汚れを落とすために使用します。

小型のブラスターを使用すれば省スペースで設置することができ、産業分野から一般家庭まで利用できます。

ブラスターの使用用途

ブラスターは、表面加工に使用され、表面のクリーニングや下地処理、バリ取りを施すことができます。

例えば、真空蒸着装置において、金属が蒸着した表面であってもブラスターを用いれば、表面を清浄化することができます。

金属のメッキ処理などを施す前に、ブラスターを噴射することで、表面積を増加し、被膜形成の効率化を図ります。

あるいはガラス工芸や石材彫刻などにおいて、ブラスターを用いることで、様々な芸術的な加工を行うことができます。

ブラスターの原理

材料の表面に多数の微粒子が吹き付けられると、その表面は傷ついたり、削られたりすることがあります。

ぶつける粒子の種類やその強さに応じて、吹き付けられた表面の形状は大きく変化させることができます。

この性質を利用したのがブラスト加工で、表面加工技術の一種です。

サンドブラスターは珪砂が使用されることが多いですが、アルミナやガラスも使用されます。

コンプレッサにより圧縮空気を送り出し、その流れに乗って粒子が飛ばされます。

粒子が軽いため、吹き付けても材料の損傷が少なく、表面の微細加工ができます。

一方でショットブラスターの場合、鋼球などを圧縮空気、またはモーターによる遠心力を用いて対象の表面に吹き付けます。

粒子が重いため、吹き付けられるときの運動量が大きく、表面を粗く、より強力に削ることができます。

サンドブラスターでは難しい、機械加工で発生したバリ取りや、金属表面に付着した錆などを除去することができます。

参考文献
http://www.atsuchi-ascon.co.jp/vacuum_blaster/

ブラスターのメーカー情報

ブラスターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 3Mジャパン株式会社
  2. 2 株式会社モリタ
  3. 3 株式会社松風

設立年の新しい会社

  1. 1 G-TOOL株式会社
  2. 2 directindustry
  3. 3 有限会社平岡製工社

歴史のある会社

  1. 1 エクセン株式会社
  2. 2 株式会社モリタ
  3. 3 株式会社松風

ブラスターのメーカー15社一覧


関連記事

カテゴリから探す