新東工業株式会社

【2021年版】バレル研磨機5選 / メーカー7社一覧

バレル研磨機のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


バレル研磨機とは

バレル研磨機

バレル研磨機は、バレルに研磨剤を入れて動かすことで摩擦により対象物を研磨する機械です。研磨材やコンパウンドと呼ばれる研磨助剤を組み合わせることで鏡面仕上げやバリ取り、R付け、スケール取りなど幅広い研磨がバレル研磨機1台で可能になります。

バレル研磨機での仕上げはバラつきが少なく均一で、作業者による品質の差異もほとんどありません。しかも複数の製品を一度に研磨できるので多くの製品に広く利用されています。

バレル研磨機の使用用途

バレル研磨機は、機械加工やプレス加工品、焼結品、ダイカスト品、熱処理品などを研磨して表面の仕上げを行っています。金属はもちろんプラスチックやガラス製品の研磨も可能です。メッキや塗装前の下地の仕上げや、つや消し、脱脂作業なども行います。そのため幅広い製品に利用されていますが大型や壊れやすい製品には向いていません。

具体的にはテレビや自動車、デジタルカメラ、携帯電話などの部品や、スパナ、アルミホイールなどの研磨をバレル研磨機で行っています。

バレル研磨機の原理

バレル研磨機は、対象物と研磨剤、コンパウンド(研磨助剤)と一緒のバレルに入れて動かすことで摩擦により対象物を研磨します。主に3種類の研磨機があります。

  • 回転研磨機
    バレルを回転させることで内容物がすべり層の部分で相互に摩擦が生じ、研磨します。
  • 振動研磨機
    ボックスタイプとサークルタイプのバレルがあり、振動させて研磨します。大量生産に適していますが高価です。自動化が容易です。
  • 遠心研磨機
    複数のバレルが自転と公転を組み合わせて回転して研磨します。最も研磨力が高く、加工時間が短くて済みます。自動化が容易ですが高価です。

研磨剤、研磨石にはビトリファイド系メディア、アルミナ系メディア、プラスチックメディア、ソフトメディア、スチールメディア、乾式メディアなどがあり、仕上げの用途に応じて1500種類ものパターンがあります。

コンパウンドには液体か固体があり、脱脂材、粗仕上げ、光沢仕上げ、防錆材などさまざまな役割があります。

参考文献

https://www.kousakukikai.tech/barrel/

https://www.sinto.co.jp/product/surface/word/barrel/index.html

バレル研磨機のメーカー情報

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

バレル研磨機のメーカー7社一覧


バレル研磨機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 新東工業株式会社
  2. 2 株式会社チップトン
  3. 3 山科精器株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社秋山産業
  2. 2 株式会社TKX
  3. 3 三恵ハイプレシジョン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 新東工業株式会社
  2. 2 東邦鋼機株式会社
  3. 3 山科精器株式会社

バレル研磨機5選

水平型Mighty-Mildシリーズ

株式会社チップトン

特徴

水平型Mighty-Mildシリーズは従来の遠心バレル研磨機と比較して大幅に品質を向上させた重圧バレル研磨機です。

研磨によって摩耗する研磨石の量を従来の遠心バレル研磨機と比較すると研磨石の種類によって違いはあるものの、25%~70%と全てにおいて低減させることが可能で、研磨効率も上がるため作業時間の短縮にもつながります。

輸送機器領域では、バルブシート、CVT部品、小型ギア、電気・電子関連ではネオジムマグネット、セラミックコンデンサーなど幅広い領域において多彩なパーツの研摩に利用可能です。

研磨処理における打痕の発生を抑えることができ、優れた面粗さや高光沢の仕上がりを実現します。

株式会社チップトンの会社概要

  • 会社所在地: 愛知県名古屋市南区豊田三丁目19番21号
  • URL: https://www.tipton.co.jp/
  • 創業: 1939年
  • 従業員数: 170人

製品を見る

回転バレル研磨機「TM-30型」

有限会社秋山産業

特徴

TM-30型は構造がシンプルかつ低価格で、長時間研磨に最適なバレル研磨機で、密閉されたバレル槽を水平回転させることによって流動層をつくり、ワークとメディアの摩擦によって研磨を行います。

稼働音が少ないため長時間使用においても周辺環境に対して悪影響を及ぼしにくく、耐久性が高いためコストパフォーマンスに優れます。

タンク容量は20、30、55、80Lの4仕様があり用途に合わせて選択可能で、いずれも構造がシンプルなためメンテナンス性に優れています。

有限会社秋山産業の会社概要

製品を見る

乾式回転バレル研磨機

新東工業株式会社

特徴

従来の乾式バレルと比較して面精度40%アップを実現し、本来難しいとされる乾式での平滑研磨も可能としたバレル研磨機です。

乾式回転バレル研磨処理後の表面粗さは0.03μm Raを達成することも可能で、薄物ワークのバリ取りおよび研磨としての利用に最適です。

湿式と違い研磨中にワークへ水が付着することがないため、錆びる可能性を下げることができ、廃水がほとんど出ないため環境に配慮した稼働ができます。

高精度な研磨を可能にしている上に他乾式研磨機と比較しても低価格で導入することが可能です。

新東工業株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目28番12号 大名古屋ビル24階
  • URL: https://www.sinto.co.jp/
  • 創業: 1934年
  • 従業員数: 1,706人

製品を見る

タンク直結駆動形バレル研磨機

山科精器株式会社

特徴

タンク直結駆動形バレル研磨機は構造が非常にシンプルなためメンテナンス性に優れ、高比重のワークに関しても加工を可能とします。

独自開発の二重八角錐型バレル槽の採用により、充填物の流動による三重作用および高圧力によって混和を促すため、効率よく研磨が行われ、高光沢な仕上がりになります。

タンクはボタン操作によって機械的に高速かつ安全に傾けることができ、任意の角度で固定した状態でバレル槽を回転させることが可能です。

安全性、防水性、耐久性に優れ、消費電力は低く抑えることができ、プラスチック製品、鍛造、鋳造品のバリ取りおよび、研磨、熱処理後のスケール除去、メッキや塗装前の下地仕上げ、その他、脱脂、ミキシングなどの利用に適しています。

山科精器株式会社の会社概要

製品を見る

揺動式遠心バレル研磨機

三恵ハイプレシジョン株式会社

特徴

揺動式遠心バレル研磨機はタンクに入れたワークが常に水およびメディアに包まれた状態で三次元相対運動を与えることで、ワーク同士の衝突による打痕傷を減らしつつ、ワークとメディアの接触時間が増すため、高品質な研磨かつ時間削減を実現しています。

コンパクトな形状かつ稼働音も少ないため作業環境改善につながり、操作性にも優れています。

微細切削部品、精密プレス部品、医療器部品、ジュエリー、歯科技工製品などの研摩に利用することができ、特にセラミックス、フェライト、ネオジウムなどの処理に最適です。

三恵ハイプレシジョン株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree