株式会社メディア研究所
株式会社SCREEN PE ソリューションズ
東レエンジニアリング株式会社

【2021年版】ロールコータ メーカー19社一覧

ロールコータのメーカー19社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ロールコータとは

ロールコータとはフィルムなど平面形状のものにローラーを用いた塗布を行うものです。

スパッタ源やプラズマCVDを搭載しており、バリア膜・透明導電膜を連続的かつ高速で成膜することが可能です。一般的にシートやフィルムなど薄い平面形状への塗布に限定されますが、長さ・幅の大きさには対応しています。

技術の組み合わせによって用途は多種多様であり、様々なコーティング板厚・粘度を使い分けられます。そのため、光学・液晶製品・電子部材から薬品・食品まで様々な産業分野で活躍しています。

ロールコータの使用用途

タブレットやスマートフォンなどの高機能・薄型化と構成部品の高密度・小型化のための光学製品の機能性フィルムへ使用されています。フィルムの種類として光制御・反射防止・防眩・偏光・光拡散・画面保護・透明伝導性などが挙げられます。

太陽電池や二次電池のフィルムに使用されています。フィルムの種類として反射板・遮光・加飾・放熱などが挙げられます。

自動車・繊維・住宅・電子部品・半導体にもその薄膜コーティング技術は使用されています。

ロールコータの原理

リニアベアリングを上ローラー部の昇降に使用することで高精度かつ円滑な動作を長時間維持できます。開口高さは調整が可能です。

短時間でロールの取り外し・組付けができる交換性に優れています。

ドクターロール開閉ハンドルは左右一体なため、正確・迅速な塗布量の調節が可能です。

各ロールは独立駆動方式となっています。

成膜プロセスによって種類に分けられます。スパッタロールコータではスパッタリング法を用いて太陽電池・タッチパネル・ウィンドウフィルム・FPDなどに使用される金属膜・透明導電膜・光学膜を成膜します。プラズマCVDロールコータはローラ間で発生する放電を利用してシリカ膜を成膜し、有機EL・電子ペーパ・照明・太陽電池などに使用されるバリア性を実現します。AIPロールコータは真空アーク放電を用いてターゲット材料を蒸発させることで金属化合物膜を成膜します。

塗工量の計量・選定や塗工液の状態が塗工前か塗工後かにより方式が分類され、複数の方式を組み合わせて使用することもできます。

参考文献
https://www.keyence.co.jp/ss/products/measure/sealing/coater-type/roll.jsp
https://www.kobelco.co.jp/products/function/rollcoater/
http://www.sugii-m.com/product/product_roll.html

ロールコータのメーカー情報

ロールコータのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社キーエンス
  2. 2 株式会社SCREEN PE ソリューションズ
  3. 3 東レエンジニアリング株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社SCREEN PE ソリューションズ
  2. 2 イリオス株式会社
  3. 3 株式会社メディア研究所

歴史のある会社

  1. 1 株式会社テクノスマート
  2. 2 株式会社ナカサク
  3. 3 株式会社ヒラノテクシード

ロールコータのメーカー19社一覧


関連記事

カテゴリから探す