株式会社シロ産業
本多電子株式会社
日本アレックス株式会社

【2021年版】超音波カッター メーカー7社一覧

超音波カッターのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


超音波カッターとは

超音波カッターは一般的なカッターのように切断用途で使用される機械です。刃先が超音波振動することで、通常のカッターでの切断よりも軽い力でカットすることができます。一方で、対象物の素材によっては超音波振動による摩擦熱が発生し、素材が溶ける可能性があるため注意が必要となります。紙や樹脂製品など一般的なものの他にも、食品の切断用途として使用されることもあります。

超音波カッターの使用用途

主な用途としては、ホビー用途での使用が挙げられます。プラモデルの加工など、通常のカッターでは切断が難しい形状に対しても力を入れずに切断が可能となるため、重宝されています。ただし、素材によっては超音波振動による摩擦熱で溶けながら切断されるため、切断面の後加工が必要になる場合もあります。樹脂製品の他にも、プリント基板や石膏などのカットにも使用されることが多いです。また、中には食品のカットに使用されるものもあります。ケーキなど、一般的なナイフで切ると崩れやすい食べ物に対して、超音波振動する刃先での切断を行うことで、切断時の抵抗が少なくなり、綺麗な断面を得ることができます。

超音波カッターの原理

超音波カッターは、圧電素子を使用して刃先を「毎秒2~4万回」振動させることにより、切断を行います。超音波振動のON/OFF切り替えは、フットスイッチで行うものが一般的です。通常のカッターに比べて、非常に軽い力で切断することができるという特長がありますが、切断する物の材質によっては、振動による摩擦熱で、対象物が溶けることがあるため、注意が必要です。非常に使い勝手が良く、樹脂素材のカットに適した機器ですが、一般的に、厚さ3mm以上の樹脂の切断には向いていません。これは、刃の長さが長くなるほど、刃先の超音波振動が不安定になるためです。

また、樹脂製品のカットに適しているのに対し、コシのない薄いゴムのカットには向いていないとともに、金属、ガラス、磁器などはカットすることはできません。木材については切断面が焦げてしまうため、注意が必要です。

参考文献
https://www.sonotec.com/column/principle.html
https://www.honda-el.co.jp/industry/QC002.html
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/447_2/#:~:text=%E5%8E%9A%E7%B4%99%E3%82%84%E6%A8%B9%E8%84%82%E3%82%92%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%81%8B%E3%81%A4%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AB%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%99%E3%82%8B%E5%B7%A5%E5%85%B7%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82&text=%E6%99%AE%E9%80%9A%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AF%E5%88%83%E7%89%A9,%E5%88%87%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82&text=ON%E3%83%BBOFF%E3%81%AF%E8%B6%B3%E5%85%83%E3%81%A7,%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E3%81%AB%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

超音波カッターのメーカー情報

超音波カッターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 本多電子株式会社
  2. 2 日本電子工業株式会社
  3. 3 精電舎電子工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アドウェイズ
  2. 2 日本アレックス株式会社
  3. 3 株式会社ソノテック

歴史のある会社

  1. 1 精電舎電子工業株式会社
  2. 2 本多電子株式会社
  3. 3 日本電子工業株式会社

超音波カッターのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す