【2021年版】スナップリングプライヤー メーカー4社一覧

スナップリングプライヤーのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スナップリングプライヤーとは

スナップリングプライヤーは、工業製品の組立・整備に使用されている特殊工具です。

スナップリングと呼ばれるC型の留め具を取り付る(取り外す)際に使用され、スナップリングの開口部に先端部を差し込みグリップを握ることで、容易にスナップリングを縮めたり広げたりすることができます。

グリップを握ったときの先端部がどのように動くかで大別され、広がるものが「軸用」閉じるものが「穴用」と呼ばれています。

また、両方の動きをすることができる兼用タイプもラインナップされています。

スナップリングプライヤーの使用用途

主に工業機械の回転部の抜け防止のために取り付けられたスナップリングを脱着する際に使用されています。

スナップリング自体は、「マイナスドライバーなどでこじる」「ノーズプライヤで縮める」などの手順で取り外す事ができますが、この場合軸やハウジングなど、相手の部品を傷つけてしまうことがあります。特にオイルシール周辺や高速回転する部分のスナップリングを取り外す際、母材を傷つける事は禁忌とされているため、必ずスナップリングプライヤを使用しスナップリングの脱着を行います。

スナップリングプライヤーの原理

スナップリングプライヤの特徴として、先端よりもグリップ部分が長くすることにより、テコの原理で小さな力でスナップリングの脱着が可能であるという点が挙げられます。

また、先端部分が交換可能なものにおいては、スナップリングの開口部の形状に関わらず使用することができるというメリットがあります。しかし、先端部分がボルト留めになっているため、度重なる使用や無理な使用等によって先端部にガタが出やすいというデメリットも併せ持っています。

開口部の広いスナップリングや張力の高いスナップリングの脱着を行う際は、グリップを握りながら引き出す(押し込む)ことが困難な場合があるため、ある程度握り切った後にストッパーによって握り状態で固定する製品も用意されています。

なお、先端部の差し込みが不完全な場合や、先端部とスナップリングの間に油分が付着している場合、突然スナップリングが外れて張力により吹き飛んでしまうため注意が必要です。必ず両方を脱脂した上で、しっかりと噛み込ませて使用するようにしましょう。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/359/

スナップリングプライヤーのメーカー情報

スナップリングプライヤーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 京都機械工具株式会社
  2. 2 トップ工業株式会社
  3. 3 TONE株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社兼古製作所
  2. 2 京都機械工具株式会社
  3. 3 トップ工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 TONE株式会社
  2. 2 トップ工業株式会社
  3. 3 京都機械工具株式会社

スナップリングプライヤーのメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す