京セラ株式会社

【2021年版】回転工具 メーカー9社一覧

回転工具のメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


回転工具とは

回転工具とは、金属を削ったりする工作機械に取り付けるツールのことである。

切削工具に回転する機構を取り付けることで複雑加工が可能な工具です。

1台の工作機械で回転工具を使うことで、平面加工、穴開け、中ぐり、円筒削りなどの加工ができることで能力向上に貢献できる工具です。

複数の工作機械を使って加工するには作業効率が悪い。
複数の工作機械を使って、平面加工の工作機械、穴開けの工作機械、円筒削りの工作機械など各機械セットする作業効率の悪さ、また取付けによる加工ズレなどのデメリットがある。

1台の工作機械で複数の加工をすることができ画期的な工作機械です。

回転工具の使用用途

回転工具の使用用途について説明します。

回転工具は、総合回転加工機のユニットに工具を取る付けることで総合的な加工ができる
画期的な工作機械です。

回転工具の種類は工作設備や加工条件に合わせて、色々な種類の回転工具があります。

大きく分けて2種類あります

  • 標準回転工具
    • 端面加工タイプ
      クランプ材の端面加工
      加工部品の端面に溝を加工します。
    • 外径加工用
      クランプ材の外形加工
      円筒の外径を加工します
  • 特殊回転工具
    • 両頭タイプ
      特殊タイプで複数のツールを取りけ可能

回転工具の特徴

回転工具の特徴について説明します。

回転工具は、工作機械に取り付けて金属を加工します。

工作機械と言っても色々な工作機械があります。

  • 切削加工機
    • 工具を取り換えながら金属を加工するタイプ。
      • デメリット:作業段取りが悪い。
    • 加工物を工作機械から工作機械へ移送するタイプ。
      • デメリット:加工物を工作機械から工作機械へ移送し、取付け取り外しすることで加工精度が悪くなる。作業段取りが悪い。
  • 総合回転加工機
    複数の工具を回転ユニットに取り付けて加工ができる。
    • メリット:複数の工具を取り付け加工のため総合加工が可能。加工物を工作機械から工作機械へ移送せずに1回の取付けだけで済むため加工精度が良い。
    • デメリット:総合回転加工機は高額。

加工部品は、完成させるために平面加工、穴開け、中ぐり加工、円筒加工などの工程が
必要となります。

まとめ
一般的な工作機械は、機械から機械へ移送し、工具を取り換えながらの加工となります
ので作業効率の悪化、取付け取り外しによる加工精度の悪化などがあげられます。

回転工具は、総合回転加工機の回転ユニットに取り付けることで、工作物の移送による
取りけ取り外し、工具の取り換えなどから解放される画期的な工作機械と言えます。

回転工具の危険性と対策

回転工具は小型のハンディータイプの物であっても高いトルクなので、使い方を間違えると裂傷や火傷はもちろん、最悪の場合では指や肢体を失う大事故にも至る危険なものです。回転工具はドリルやフライス盤など多くの種類がありますが、基本的には「回転工具自体」と「被加工物」の2つの危険に分かれます。

回転工具自体の危険性
回転工具自体の危険として一番に挙げられるのは、回転部への巻き込みです。指の巻き込みがすぐに思いつきますが、手袋や衣服の巻き込みにも注意が必要です。回転工具の使用では軍手の使用は基本的に禁止で、また首に懸けるネームストラップやネクタイなども非常に危険です。衣服の袖や裾も見落としがちなので、回転工具を使用する前には必ずチェックするようにしましょう。

次に回転部への接触で起きる切創・裂傷などの怪我や火傷です。回転工具は木材や金属などを切削するため、非常に硬く鋭いのが特徴です。例え接触が一瞬であっても思い切創・裂傷する危険性があります。また、長時間の接触による摩擦熱で工具や被切削物も熱くなっていることからも、火傷にも注意が必要です。

最後に工具の破損や機械の誤作動、また作業者の誤操作などで、上記の巻き込みや怪我の危険性があります。回転工具を使用する前は点検を欠かさず、使用環境の5Sや周りのへ注意喚起などで対策することが大切です。

被加工物の危険性
被加工物にも危険性が潜んでいます。回転工具は高いトルクで回転しているため、被加工物の固定が弱いと飛ばされてしまい、作業者が怪我をしたり設備を破損する可能性があります。

また、加工中に形成される切削屑も鋭利なため安易に素手で触ったり、作業中に飛散して怪我をする危険性があるので注意が必要です。掃除をする際は必ず保護具を着用し、専用の用具を使用して収集し、保管・廃棄することが大切です。 

回転工具の資格

回転工具を使用して研削作業をする場合、資格が必要なものもあります。回転砥石で表面を仕上げるハンドグラインダーの砥石交換作業では、「研削といしの取り換え又は取り換え時の試運転の業務」に当たるため、安全衛生特別教育を受けた作業者しか対応できません。違反すると罰金に処される場合があるので、作業する前に特別教育講習を受けて資格を取る必要があります。

参考文献
https://www.sandvik.coromant.com/ja-jp/knowledge/parting-grooving/pages/face-grooving.aspx
http://kaitenkougu.com/kaitensyurui.html
https://www.nmri.go.jp/oldpages/eng/khirata/metalwork/appendix/safe/index_j.html
http://ueda-tech.com/faq/1-toishi-tokubetsu-kyouiku

回転工具のメーカー情報

回転工具のメーカー9社一覧


回転工具のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 京セラ株式会社
  2. 2 三菱マテリアル株式会社
  3. 3 TONE株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 エフティダイヤモンドツール株式会社
  2. 2 株式会社エスアンドエフ
  3. 3 ツールシステム株式会社

歴史のある会社

  1. 1 三菱マテリアル株式会社
  2. 2 浅井産業株式会社
  3. 3 TONE株式会社

関連記事

カテゴリから探す