セムコ株式会社

【2021年版】材料混合機 メーカー5社一覧

材料混合機のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


材料混合機とは

材料混合機とは、2種類以上の材料(物質:固体―固体、固体―液体、液体―液体、気体―液体)を、様々な攪拌翼によって機械的にかき混ぜることで、物理的にも化学的にも必要なレベルの混合状態にする機械のことです。

材料混合機には重量(質量)計量式と容量計量式の混合機があります。

重量(質量)計量式の混合機は、材料を質量で計測しながら混合するため、容量計量式に比べて、材料の形状大きさによる計量誤差が少なく、より確実に高精度な計量をしながら混合が可能です。

一方容量計量式の混合機は、スクリューでの供給と時間で材料を計量しますが、質量計量式の混合機に比べて安価です。

材料混合機の使用用途

材料混合機は、固体、液体、気体の材料を計量しながら混合する際に用いられ、多様化する配合に対して、大型プラントからラボレベルまで様々な現場で用いられています。

用いられる業界は医薬品業界、食品業界、化粧品業界、化学品業界などです。

対象物は、印刷インク、各種着色剤、塗料、接着剤、シーリング材、トナー、化粧品、薬品、二次電池などの製造で用いられています。

材料混合機の原理

材料混合機において、特に固体(粉粒体)の混合においては、流体(液体や気体)同士のような自己拡散性がないため、混合操作では、二成分もしくはそれ以上の固体同士を運動させる外力(攪拌力・転動力)を加える必要があります。

材料混合機の混合槽の内部には、攪拌翼が必要で、バタフライ翼、アンカー翼、パドル翼、タービン翼などを組み合わせて、低速軸・高速軸の多軸ミキサーとして、1軸では局部フローとなってしまう材料の処理に用いられています。

これは混合のため外力を加えると、装置内で固体(粉粒体)が運動している部分と(流動状態)と運動していない部分(静止状態)が発生しますが、混合を効率的に行うには、この静止状態をできる限り生じないようにする必要があります。

しかし、混合進行中には、均質化プロセスと偏折化プロセスが同時に進行し、混合する材料固体の、粒子径分布や比重に差がある場合、均質化と偏折化の強さの違いが発生します。

そのため、混合すう材料を考慮して、装置設計や運転条件を考慮する必要があります。

なお、用途によってはバタフライミキサーのように、1軸でも対応可能な場合もあります。

参考文献
https://www.inouemfg.com/kongouki/
https://www.kawata.cc/products/products_cat/weighing/
https://www.semco.jp/product/blender/
https://www.nitto-kinzoku.jp/order_custmers/
http://www.hiroshimamm-chemtech.com/knowledge/knowledge-858/

材料混合機のメーカー情報

材料混合機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ツカサ工業株式会社
  2. 2 セムコ株式会社
  3. 3 株式会社井上製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エイシン
  2. 2 セムコ株式会社
  3. 3 日本シーム株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ツカサ工業株式会社
  2. 2 株式会社井上製作所
  3. 3 日本シーム株式会社

材料混合機のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す