【2021年版】丸鋸盤 メーカー4社一覧

丸鋸盤のメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


丸鋸盤とは

丸鋸盤は丸いノコギリを高速回転させて木材などを直線に切断する丸鋸の一種で、手に持つタイプの丸鋸と異なり台(ベンチ)に丸鋸が固定されています。テーブル丸鋸、テーブルソー、手押し丸鋸盤とも呼ばれ、木材を台上に固定された丸鋸に向かって動かして切断する機械です。丸鋸部を前後にスライドさせて使用する丸鋸盤もあり、スライド丸鋸と呼ばれます。

台上に材料を動かす際の調節できるガイドが付いている機種が多く、手にもって使用する丸鋸に比べて比較的簡単に正確な寸法で切断することができます。

丸鋸盤の使用用途

丸鋸盤は、主に木材を切断する際に使用しますが鋸刃を変えることでプラスチックや金属、レンガやサイディングを切断することもできます。台についたガイドや鋸刃の出代を細かく調節、固定できるため材料を同じ寸法で繰り返し切断したり、斜めに角度を付けた切断をする用途に適しています。小型の丸鋸盤は比較的運搬が容易ですが、台の大きい機種は移動が大変なので現場に運搬して使用するというよりは作業場に据え置いて使用する用途に向いています。

丸鋸盤の原理

台から鋸刃が出ているタイプの丸鋸盤は、本体にオンオフ切り替えるスイッチのほかに鋸刃を調整するダイヤルやねじが付いています。本体の下部には脚が付いている機種が多く、上部の材料を乗せる台以外に長尺の材料を切断するための補助台が付いた機種もあります。標準装備の台で足りない場合は別に用意して追加して使用します。

材料を動かす台上には材料を当てるガイドが付いており、位置を調節して固定することができます。ガイドの位置を固定できるので正確な寸法で切断できることと、繰り返し同じ寸法で切断する作業に適しています。鋸刃が上下に動くタイプの丸鋸盤(スライド丸鋸)は、鋸本体が上下に動く軸と、前後にスライドするスライド軸が備わっています。幅の狭い材料をスライドを固定して上下のみで切断します。の角度を変えることで傾斜切断も容易にでき、板材の留め接ぎ加工などで重宝します。傾斜できる向きや角度の範囲は機種により異なりますが、0~45°程度まで 傾斜できる機種が多いです。

参考文献
https://www.bildy.jp/power/c509c610c2666/
https://electrictoolboy.com/media/4864/
https://www.diyna.com/wcf/wcf01-13.html

丸鋸盤のメーカー情報

丸鋸盤のメーカー4社一覧


丸鋸盤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社アマダマシナリー
  2. 2 藤田商事株式会社
  3. 3 向井鉄工株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エスアンドエフ
  2. 2 向井鉄工株式会社
  3. 3 藤田商事株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社アマダマシナリー
  2. 2 藤田商事株式会社
  3. 3 向井鉄工株式会社

関連記事

カテゴリから探す