【2021年版】ノーズプライヤー メーカー3社一覧

ノーズプライヤーのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ノーズプライヤーとは

ノーズプライヤーは、個人的なDIYから一般業務まで幅広い分野で使用されている基本的な工具です。

ペンチやコンビネーションプライヤと比較して挟む力は劣るものの、狭いスペースでの使用に向いています。また、先端の形状が豊富なため、使用用途に合わせた工具の選定が可能です。

比較的安価な製品からハイエンドな製品まで多種多様な種類のものがラインナップされているため、自分の手に合った物を選ぶことが可能となっています。

ノーズプライヤーの使用用途

先端が細長く、対象物を確実に噛み込むよう細かい溝が切られています。そのため、工業製品の組立や整備のようなヘビーデューティな用途から個人で行う日曜大工のような用途まで、幅広く利用されています。

例えば「狭い部分のものを掴む」「細い金属ワイヤーを加工する」「小部品の取り付け・取り外し」などの作業時に使用されます。

また、先端部分が曲がっている物もあり、挿入方向の垂直方向にあるものを加工したり、掴むことができます。

ノーズプライヤーの原理

ノーズプライヤーの大きな特徴として、先端部分が細長くなっているため、小さい部品の引き抜き、押し込みや針金・銅線の各種加工に適しているという事が挙げられます。

また、ラジオペンチとは異なり、支点付近にワイヤー切断用の刃が無いため、掴んだときに刃が邪魔にならず、先端がしっかりと密着するという特徴があります。

加えて、先端部分には鋭利な溝が細かく刻まれているため、しっかりと物体に食いつくので「掴んだまま引く(押す)・回す・こじる」といったことが可能です。

なお、通常のプライヤーやペンチと同じような感覚でねじったり、先端部分を支点にあおったりすると、先端部分が変形し通常用途に使用できなくなる恐れがあります。また、支点部分に水分が付着したまま放置するとサビが発生し、動きが悪くなってしまいます。使用後はパーツクリーナー等で清掃した後、給油するなどのメンテナンスを行うよう、心がけなければなりません。

 

ノーズプライヤーのメーカー情報

ノーズプライヤーのメーカー3社一覧


ノーズプライヤーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 京都機械工具株式会社
  2. 2 トップ工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 George Wang Co.、Ltd.
  2. 2 京都機械工具株式会社
  3. 3 トップ工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 トップ工業株式会社
  2. 2 京都機械工具株式会社
  3. 3 George Wang Co.、Ltd.

関連記事

カテゴリから探す