新東工業株式会社

【2021年版】ブラストマシン メーカー9社一覧

ブラストマシンのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ブラストマシンとは

ブラストマシンは物質に研磨剤を高圧、高速で吹き付けることで、物質の表面状態や組成を変化させる機械であり、
ブラスト(≒噴射する)という意味から、ブラスターと呼ばれることもあります。

使用する研磨剤の種類によってサンドブラスト、アルミナブラストなどがあり、また噴射する構造によって、エアーブラスト、ショットブラストなど名称が大別されます。

現在の産業では欠かせない技術であり、例として自動車や飛行機部品の加工、建築物の強度アップ、半導体の接着における下処理など用途は多岐にわたります。

ブラストマシンの使用用途

ブラストマシンの用途としては、主に次の3つが挙げられます。

  1. 表面粗さの向上
    具体的な用途…滑り止め処理、塗装の下地処理
  2. 剛性の向上
    具体的な用途…旅客機ボディの強度向上、陸上競技の砲丸玉
  3. 物質表面の清浄度の向上
    具体的な用途…錆落とし、切削後のバリ取り、酸化被膜の除去など

ブラストマシンの原理

粉状の物質をコンプレッサで作られた圧縮空気や、モーターを接続した羽根車によって高速で噴射し、金属や樹脂などの表面に凹凸をつけるための機械です。
圧縮空気で噴射するものをエアーブラスト、羽根車で噴射するものをショットブラストと大別されます。

一部屋を占めるような大型のものをから、小さなブース内に収まる小型のものまで様々なサイズがあります。
また、ロボット等と組み合わせて無人でブラストを行ったり、噴射した研磨剤を同時に吸引したりするノズルを使用したりすることがあります。
研磨剤の種類、吹き付ける強さ、噴射するノズルや距離によって多様な表面状態にすることができ、様々な効果を狙うことができます。

一般的な研磨剤の種類

研磨剤を吹き付けることで、物体の表面を僅かながら研磨したり、潰したりすることができます。
角のある形状の研磨剤を吹き付けると、表面に凹凸を作ることができ、摩擦のある面を作ることができます。
これを応用して床の踏面の滑り止めや、表面積が増えることで塗料の剥離を防ぐための処理をすることができます。

また、球状の研磨剤を吹き付け表面を叩くことで、金属を締める効果があります。
例えるならば刃物の鍛造と同じです。これにより同種の金属であってもブラストした金属硬度を高めることができます。

他には、壊れやすい研磨剤を比較的低速で吹き付けることで、表面粗さをほぼ変化させることなく表面を研掃することができます。
酸化した表面の錆落とし、活性面の露出、切削加工後のバリ取りに利用されます。

参考文献

https://www.hidaka-sa.co.jp/with-blast/

ブラストマシンのメーカー情報

ブラストマシンのメーカー9社一覧


ブラストマシンのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 新東工業株式会社
  2. 2 株式会社不二製作所
  3. 3 株式会社ニッチュー

設立年の新しい会社

  1. 1 SNMアジア株式会社
  2. 2 サノヤス・エンジニアリング株式会社
  3. 3 宇部サンド工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 新東工業株式会社
  2. 2 厚地鉄工株式会社
  3. 3 株式会社不二製作所

関連記事

カテゴリから探す