【2021年版】切断機5選 / メーカー5社一覧

切断機のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


切断機とは

切断機は、砥石やガス、レーザー、プラズマなどで金属や木材などを切断する装置です。砥石を高速回転させて対象を切断する製品が一般的です。切断対象を土台に固定して、決まった位置を切断するタイプや、手で持ち歩けるハンディタイプの様な製品もあります。切断機は鉄なども切断可能なほどの機械ですのであり、金属などの切断時には火花が飛び散る場合が多いので、ゴーグルや防具を装着するなど、取り扱いには細心の注意が必要です。

切断機の使用用途

切断機は鉄やステンレス、アルミ材などの鉄鋼材料、木材、樹脂材料を切断するために使用されます。切断機の選定の際には、切断対象の材料に切断機が対応しているかどうか、使用する電力量、持ち運びできるかなどを考慮する必要があります。切断によって飛び散った粉塵を回収する機構や、切断部のけがき線が見やすい様にライトで照らす機構など、製品によって様々な工夫がされており、用途に適切な製品を選定すれば、作業の効率化を図れます。

切断機の原理

切断機の原理を、砥石を高速回転させる高速回転切断機、ガス切断機レーザー切断機に分けて説明します。

  • 高速回転切断機
    高速回転切断機は径が約300㎜以上の円形の砥石、モータ、バイスで構成されています。バイスで切断対象の木材や金属、パイプなどを挟んで、高速回転している砥石で切断します。手動で行う切断の中では、高精度に切断できることが特徴です。
  • ガス切断機
    ガス切断機は、鉄と酸素の化学反応を利用して鉄鋼を切断する切断機です。ガスは主にアセチレンを使用します。切断対象の母材をあらかじめ熱しておき、酸素とアセチレンを吹きかけることで、母材を溶かし、切断します。用いる機材が少なく、電気を使わず切断できることが特徴ですが、切断速度や母材を熱しておく必要があることが難点です。
  • レーザー切断機
    レーザー切断機は、レンズなどで集光されたレーザービームを切断対象の母材に当て、その部分に酸素などの反応ガスを吹きつきて、母材を溶かすことによって切断します。母材が熱せられる部分を非常に小さくすることができるので、高精度に切断できることが特徴です。

参考文献
https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=20605&item_no=1&page_id=28&block_id=31
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe1933/44/528/44_528_1489/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/qjjws1943/26/2/26_2_96/_pdf

切断機のメーカー情報

切断機のメーカー5社一覧


切断機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 工機ホールディングス株式会社
  2. 2 株式会社マキタ
  3. 3 富士製砥株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社ワイズマシン
  2. 2 富士製砥株式会社
  3. 3 工機ホールディングス株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社マキタ
  2. 2 津根精機株式会社
  3. 3 工機ホールディングス株式会社

切断機5選

TJ-70GL

津根精機株式会社 TJ-70GL 画像出典: 津根精機株式会社公式サイト

特徴

TJ-70GLは主軸およびベッドを高剛性かつ高精度に仕上げ、切断条件をCNC化することで操作性を向上させた全自動式超硬丸鋸切断機です。

セミドライ加工の採用や切粉飛散防止シャッターの搭載により清潔な作業環境を維持することができます。

操作盤と油圧バルブを近くにレイアウトすることで作業性を向上させ、オートローディング機能や高速かつ高精度な送り台の採用によりタクト時間の短縮を図っています。

機械本体およびオートローダには安全カバーを設置することで安全性を高めています。

津根精機株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 富山県富山市婦中町高日附852番地
  • URL: https://www.tsune.co.jp/
  • 創業: 1917年
  • 従業員数: 219人

製品を見る

リチウムイオンシリーズ

株式会社マキタ リチウムイオンシリーズ 画像出典: 株式会社マキタ公式サイト

特徴

LW141DZは世界初の充電式電源を利用した切断機で、コードレスのため作業場所を問わず、1充電でメタルスタッド約150本の切断が可能です。

高出力のブラシレスモーターを採用することで小型・軽量かつメタルスタッドに対しても安定した切断を行うことができます。

砥石の交換には工具を使うことなく、ストッパの押し込みおよびつまみの回転だけで行うことができ、機械重量は13.6kgでキャリングハンドル付きのため作業性や扱いやすさ優れています。

株式会社マキタの会社概要

製品を見る

精密小型切断機 YSC-10型・YSC-10S型

有限会社ワイズマシン

特徴

YSC-10型・YSC-10S型は本体ボディおよび主軸に剛性の高い材料を使用しているため、稼働中に発生する振動を減らし、高精度で安定した加工を行うことができ、負荷の大きい切断にも対応可能な精密小型切断機 。

操作に要する力を減らしつつ直接的な切断感覚が得られるように、レバーハンドルを引くことでバイスを送り込み、切断する方式を採用しています。

砥石カバー、注水配管、ベルトカバーにステンレス素材を使用し、バイスおよびテーブル周辺には無電解ニッケルメッキを施すことにより錆対策を行っています。

最大切断能力はΦ60または55×55mm角程度です。

有限会社ワイズマシンの会社概要

製品を見る

FCC14ST

工機ホールディングス株式会社 FCC14ST 画像出典: 工機ホールディングス株式会社公式サイト

特徴

FCC14STはワンタッチ式のバイスを採用することでワーク固定の作業性を向上し、高さ78mmの大型バイスによりΦ120mmの大径パイプも安定感のある切断を可能とした切断機です。

砥石可動方向にあたるベース底面にアンダーカバーを設置することで、作業場床面と砥石の不意な接触防止を図っています。

大径パイプから、角パイプ、アングルなどの断面形状を有するワークの切断も可能で、0°~45°の範囲で角度をつけた切断もできます。

工機ホールディングス株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都港区港南二丁目15番1号(品川インターシティA棟)
  • URL: https://www.koki-holdings.co.jp/
  • 創業: 1948年
  • 従業員数: 6,839人

製品を見る

KCM-250B

富士製砥株式会社 KCM-250B 画像出典: 富士製砥株式会社公式サイト

特徴

KCM-250Bは強力かつ高効率なため砥石切断機の約半分の作業時間で加工することができ、バリ焼けの発生が少なく切断表面を高品質に仕上がることが可能なメタル切断機です。

減速比増大によりトルクアップを図り、厚肉材料やステンレス素材に関してもバリの少ない高品質な切断を行うことができます。

粉塵、火花、臭いの発生が極めて少ないため作業環境をクリーンに保つことができます。

丸パイプ、角パイプ、アングルなどの豊富な断面形状に対応し、角度をつけた切断も可能です。

富士製砥株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 大阪府大阪市中央区常盤町2丁目1番8号 FGビル大阪 3階
  • URL: https://www.fujiseito.com/
  • 創業: 1956年
  • 従業員数: 300人

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す