【2021年版】ダイヤモンドパウダー メーカー11社一覧

ダイヤモンドパウダーのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ダイヤモンドパウダーとは

一般的にダイヤモンドパウダーは人工的に作られたnm~μmサイズのダイヤモンド結晶のことを指し、主に研磨剤として利用されています。天然のダイヤモンドは宝石として非常に高価な物質であるため、工業用に利用することは難しいという問題がありましたが、人工的にダイヤモンドパウダーが製造できるようになってからはダイヤモンドの世界屈指の硬い物質という特徴を生かし、特に切削加工・研磨の分野で需要が急拡大しました。

ダイヤモンドパウダーの種類としては単結晶、多結晶があり、多結晶は改良された後発である分、性能は単結晶より高い傾向があります。

ダイヤモンドパウダーの使用用途

ダイヤモンドパウダーは砥粒として使われる場合と、刃先に付けてダイヤモンドカッター・ブレイド及びソーワイヤーとして用いられることが多いです。 基本的には工業用・現場作業向けの製品ですが、ダイヤモンドカッターは非常に値段も安くなっていますので日曜大工(DIY)で使用される場面もでてきました。 その他、美容関係ではネイルをはじめとして、フェイスパウダーや香水や保湿剤に含有させる製品や手作りアクセサリーで使用されるほど身近なものになりました。

ダイヤモンドパウダーの原理

ダイヤモンドパウダーの製造方法にはいくつか方法があり、単結晶が得られるのは高圧・静的合成法になります。

原理としては油圧プレスで試料(黒鉛など)を加圧した上でさらに高温も必要とされるので、単純な仕組みではありますが大がかりな装置になります。

一方、多結晶を得る手法としては高圧・衝撃合成法などがあります。

原理は試料(黒鉛など)を密閉した状態で、爆薬による爆発で瞬間的(数μ秒)に加圧する方法(爆発の瞬間に断熱圧縮も発生)になります。このような手法で生成されたダイヤモンドパウダーは数十~数千nmと非常に小さいですが、砥粒として非常に優秀であったため、すぐに実用化されました。

しかし、どちらの手法も製造方法としては改善の余地があると考えられており、現在も新しい製造方法が研究されています。

実際に砥粒として使うにあたり、ダイヤモンドパウダーをそのまま販売する場合もあれば、砥石に加工している場合もあります。砥石の製造はダイヤモンドパウダー及びボディとなる主原料(樹脂や金属)とダイヤの結合剤を均一に混ぜ合わせた上で、成型・焼成・仕上げ(磨き)の工程が必要になります。

また、ダイヤモンドは硬度は高いのですが、熱に弱いという面もありますので、使用の際は水で冷却しながらであったり、連続運転時間の上限を設けるなどの対策が必要となります。

参考文献
https://www.bildy.jp/mag/diamond_blade/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/rpsj1986/45/4/45_4_285/_pdf/-char/en
https://patentimages.storage.googleapis.com/4b/37/c7/15f86d29cd6f31/JP2010254506A.pdf
https://www.adamas-japan.co.jp/publics/index/60/

ダイヤモンドパウダーのメーカー情報

ダイヤモンドパウダーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三井物産プラスチック株式会社
  2. 2 トーメイダイヤ株式会社
  3. 3 双龍産業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 オーキット材料システム株式会社
  2. 2 テクノライズ株式会社
  3. 3 東邦インターナショナル株式会社

歴史のある会社

  1. 1 双龍産業株式会社
  2. 2 三井物産プラスチック株式会社
  3. 3 株式会社ミューチュアル

ダイヤモンドパウダーのメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す