【2021年版】鋸盤 メーカー8社一覧

鋸盤のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


鋸盤とは

鋸盤とは、のこぎりの刃を付けたブレードを回転することでワークを切断する機械です。

製造業では、まず材料を仕様書通りの材料取りから始まります。

注文書に基づき、鋸盤を使って材料を仕様通り切断することから始まります。

材料は、丸棒、角棒など色々な形状からサイズ、また硬いものから柔らかいものまで幅
広く切断が可能です。

また、鋸盤を使って材料を無駄なく効率よく材料を切断することで、ものつくりに貢献
する機械と言えます。

鋸盤の使用用途

鋸盤とは、のこぎりの刃を付けたブレードを高速回転することで切断する機械です。

鋸盤は、鋼材切断用、木工切断用、食品切断用に用途別に分かれます。

鋸盤は、大きく分けて3つあります。

  1. 机上に置く卓上タイプ
     横型タイプ
     最も一般的な鋸盤は、卓上横型タイプです。
     金属製のパイプ、角材、板材、丸棒等を切断します。 縦型タイプ
     数が少ない縦型タイプです。
     木材、アルミなどの柔らかい材料を切断します。
     
  2. 持ち運びを重視したポータブルタイプ
     充電式のタイプが多い。
     持ち運びが出来ない材料を切断、高いところでの材料を切断などが可能です。
  3. 床に置く据置きタイプ
     鋸盤のタイプでは、大型サイズです。
     主に工業系で使われます。
     横型、縦型に分かれます。

鋸盤の原理

鋸盤の特徴について説明します。

鋸盤は、ブレードに付いた刃が同じ方向で、一方向に回転しながら切断するため
他の切断工具と比較すると綺麗な切断が可能です。

鋸盤は、チップソーのように、高速で刃が回転しないため、火花は出にくく、バリ
なども少なく切断が可能です。

  1. 机上に置く卓上タイプ
     横型タイプ
     機器の自重で刃が下りるため、軽い力で切断ができます。

 縦型タイプ
 材料を刃に押し当てながら切断をするため、材料を曲線加工などの切断が可能です。
 テーブルを傾けることで角度を付けた切断も可能です。

  1. 持ち運びを重視したポータブルタイプ
     持ち運びを目的とした鋸盤です。
     別売のスタンドを設置することで卓上型として使うことができる機種もあります。
  2. ハイブリッドタイプ
     卓上型タイプとポータブルタイプを融合したタイプです。
     本体とテーブルを切り離しが可能なため、時にはポータブル、卓上などのように
     臨機応変に使うことが出来ます。
  3. キャスタータイプ
     大型の鋼管や鋼材を持ち運びせずに切断が可能です。

参考文献
https://www.bildy.jp/mag/bandsaw-guide/
https://www.kousakukikai.tech/bandsaw/

鋸盤のメーカー情報

鋸盤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社アマダマシナリー
  2. 2 津根精機株式会社
  3. 3 藤田商事株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エスアンドエフ
  2. 2 大東精機株式会社
  3. 3 藤田商事株式会社

歴史のある会社

  1. 1 津根精機株式会社
  2. 2 株式会社アマダマシナリー
  3. 3 藤田商事株式会社

鋸盤のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す