【2021年版】パイプ切断機5選 / メーカー6社一覧

パイプ切断機のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


パイプ切断機とは

パイプ切断機は、各種の材料のパイプを切断する機械です。ステンレス鋼、炭素鋼といった丈夫な金属も切断できるものから、軽量で小型な塩ビ管ポリエチレン管の切断用のパイプ切断機まであります。高速切断機と呼ばれる場合もあります。

パイプ切断機は切断面の直角精度が高い製品が望まれています。また、加工位置精度を上げるためレーザーを搭載している機種や、火花が散らない機種、バリが出ない機種などがあります。

鋸刃を使用している製品が多いので、安全に注意して作業する必要があります。

パイプ切断機の使用用途

パイプ切断機の用途はステンレスや軟鋼、アルミ、、真鍮、塩ビ管、ポリエチレン管といったパイプの切断を行います。材質や厚みによって切断機の機種を選択します。比較的大型の製品から、携帯用の小型の製品もあります。

具体的にはSUSスプリング配管、学習机や椅子用パイプ、自動車用部品、マフラー、水道管ジョイントなどの切断を行います。継手のあるパイプを切断できる切断機や開先加工、溶接加工が可能な製品もあります。

パイプ切断機の原理

パイプ切断機は、主に丸鋸を高速回転させてパイプを切断します。他にプラズマやレーザーで切断する機種もあります。切断中には摩擦熱により火花や切り子が飛び散る場合があり、防塵マスク、ゴーグルを着用し、注意してください。作業は比較的簡単です。手動で切断するタイプと自動で切断するタイプがあります。

鋸刃のぐらつきやゆるみを確認します。鋸刃の設置位置は、内側のクランプ側か外側か、あるいは両側に設置するか、機種によって異なります。対象物をバイスに固定します。電動モータで切断速度を調整します。切断位置をレーザーで確認するタイプや指針で確認するタイプがあります。の刃を回転させて対象物の切断箇所に接触させ、切断していきます。切断面と刃は熱くなっていますので触らないようにします。また、切断面はバリが出ている場合があるので手をケガしないよう素手で触らないようにしてください。

クランプ機構に硬化アルミニウムを使用して、パイプを変形することなく切断できるよう工夫している機種もあります。

参考文献

https://www.mac-wels.co.jp/pipe_ace_power_assist_pipe_saw.html

http://www.fuji-kikai.co.jp/lineup/new/cutting/index.html

http://taihoeng.co.jp/case/%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E5%88%87%E6%96%AD%E6%A9%9F

パイプ切断機のメーカー情報

パイプ切断機のメーカー6社一覧


パイプ切断機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アサダ株式会社
  2. 2 津根精機株式会社
  3. 3 株式会社富士機械工作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エトロンシステム
  2. 2 株式会社中野製作所
  3. 3 株式会社富士機械工作所

歴史のある会社

  1. 1 津根精機株式会社
  2. 2 アサダ株式会社
  3. 3 タイホー株式会社

パイプ切断機5選

TL9-451PL

津根精機株式会社 TL9-451PL 画像出典: 津根精機株式会社公式サイト

特徴

TL9-451PLは軽量かつ強度に優れる材料を設定することで高速な動作を可能とした薄肉パイプ専用のパイプ切断機です。

薄肉パイプの固定は専用のチャックジョーで行い、パイプは回転させずに、サーキュラナイフソーを装着したツールヘッドが旋回することで切断します。

25~45mmの小径かつ薄肉丸パイプ材を全自動で切断することが可能です。

素材の余りは短縮することで片付けを容易にし、切粉の発生は極めて少ないため作業環境のクリーン化につながります。

津根精機株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 富山県富山市婦中町高日附852番地
  • URL: https://www.tsune.co.jp/
  • 創業: 1917年
  • 従業員数: 219人

製品を見る

端面切断機

株式会社富士機械工作所

特徴

パイプの端面であっても歪をほとんど発生させることなく高精度に切断することができ、金型の耐久性にも優れたパイプ切断機です。

Φ80~Φ160の範囲でパイプ端面を切断可能なタイプ、Φ80~Φ300の間で両端を同時に切断可能かつ全自動タイプ、Φ10~Φ50の小径パイプに対応したタイプの3仕様がラインアップです。

加工時のワーク固定を正確に行い、内側から外にかけての切断により精密度が高く、バリの発生は極めて少なく、外バリのため視認性がいいです。

株式会社富士機械工作所の会社概要

製品を見る

キールカッターGXエース

株式会社中野製作所 キールカッターGXエース 画像出典: 株式会社中野製作所公式サイト

特徴

キールカッターGXエースは重量10kgで交流100Vの電源があれば加工を行うことができるハンディタイプのパイプ切断機です。

GX形管Φ75~Φ250の切断に対応していて、切断と同時に面取りを行うことが可能で、溝切加工も同時に行うことができる仕様もあります。

本体に記載された説明に沿って操作することで容易に切断することができ、パイプに体重をかけながら回転させることで切断可能な半自動機です。

刃物には切れ味や耐久性に優れる鋳鉄専用ダイアモンド刃を採用しています。

株式会社中野製作所の会社概要

製品を見る

CNCプラズマパイプ自動切断機

株式会社エトロンシステム

特徴

CNCプラズマパイプ自動切断機はSUSやガス鋼管等のパイプ端部形状を自動的に高速で加工することができます。

従来の切断刃物を利用したパイプ切断機では直線的に切断することしかできませんが、プラズマ加工を採用したことにより、曲線や角度をつけた切断も可能としています。

母管に対して5個連続で穴あけ加工を行うこともできます。

操作用タッチパネルにパイプ長、径、厚さ、端面形状等の情報を入力するだけで加工を行うことができるため操作が容易です。

株式会社エトロンシステムの会社概要

製品を見る

パイプ切断機 きりたろう

タイホー株式会社

特徴

きりたろうは切断刃が自転しながらパイプに切り込み外形に沿って公転をして切断するプラネタリー方式を採用することで精密かつ高速な加工を可能としたパイプ切断機です。

精密クロスローラー軸受やぶれを軽減し直角度を高く保つことのできる小径の切断刃を設定することで高精度な切断が可能で、バリの発生も限りなく抑えることが可能です。

切断刃の回転数や送り速度を無段階で調整可能なため、パイプの材質や肉質に合わせて容易に設定変更を行うことができます。

タイホー株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す