【2021年版】カップ砥石 メーカー9社一覧

カップ砥石のメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


カップ砥石とは

カップ砥石とは、カップの形状をした砥石のことです。カップ砥石の特徴として、平面の砥石と比べて研磨対象物と接触する面積が広く、目詰まりが起こりにくいことが挙げられます。

カップ砥石を用いると、平面砥石では難しい正面研削加工を行うことができます。正面研削加工とは、カップ砥石の底面を使用して研削していく方法です。正面研削加工は、仕上げ面の粗さや平面度、また能率などの点でとても優れた研削加工法だと言えます。

カップ砥石の使用用途

カップ砥石が使用されている分野は、主に製缶・板金・金型成形など、多岐にわたっています。砥石のサイズや、作業時の回転数に応じて、プレス抜き、エッジのバリ処理や丸め処理などに用いられる例が多くみられます。

通常の平面形状の砥石では、主に平面研削加工が行われますが、カップ砥石では、そのカップ状の形状を生かした、正面研削加工を行うことができます。これによって加工の精度、能率などにおいて優れた研削が可能となります。

カップ砥石の原理

カップ砥石とは、カップの形状をした砥石のことを指します。その形状としては、円筒状のストレートカップ形や、上側の口が広がった形状のテーパカップ形などがあります。また砥石の高さや口径には様々なものがあります。

砥石の素材には、白色アルミナ・淡紅色アルミナなどのセラミックが用いられます。またそれらのセラミックスの粒度も様々で、用途によって選ぶことができます。

また、カップ砥石を用いると、平面砥石では難しい正面研削加工ができます。正面研削加工は、仕上げ面の粗さ、平面度、また能率などの点でとても優れた研削加工法であると言えます。

カップ砥石は多岐にわたる分野で使用されています。通常の金属、セラミックスの研磨に加え、研磨時に発生する熱対策を施すことによって、ガラスなど高温に弱い物質の研磨にも使用できるものもあります。

また研磨時に発生する音を低減させた製品など、研磨対象製品、研磨環境に対応出来る、種々のカップ砥石があります。

参考文献
https://ceramics.s-projects.net/process/face.html#google_vignette
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe1986/61/1/61_1_122/_pdf

カップ砥石のメーカー情報

カップ砥石のメーカー9社一覧


カップ砥石のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  2. 2 旭ダイヤモンド工業株式会社
  3. 3 株式会社アライドマテリアル

設立年の新しい会社

  1. 1 名古屋ダイヤモンド工業株式会社
  2. 2 株式会社レヂトン
  3. 3 有限会社玉置機械商会

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  2. 2 クレトイシ株式会社
  3. 3 株式会社ニートレックス

関連記事

カテゴリから探す