三菱重工工作機械株式会社

【2021年版】レーザー切断機 メーカー10社一覧

レーザー切断機のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


レーザー切断機とは

レーザー切断機とは装置から出るレーザー光線の熱によって、金属やアクリルなどを溶かすことで切断する加工機械です。 高精度かつ加工スピードの速さから、大量生産に非常に向いており、様々な産業や場面で使用されている機械です。 昔は高価な機械でとても個人が購入できる代物ではありませんでしたが、2020年現在では10万円以下のモデルが存在するのでDIYを趣味とする個人が購入することも可能になりました。

レーザー切断機の使用用途

レーザー切断が使用されている場面としては、主に金属加工です。それ以外にも樹脂やアクリルなどの複合材などにも使用されています。 さらに、近年では医療の現場でもレーザー切断(メス)の導入が進んでいたりと、レーザーの技術は加工現場だけではなく様々な分野で活用できることがわかります。 似たような切断方法としてガス切断法などがありますが、レーザー切断の方が精度と仕上がりに分があるので、精度が必要になる精密部品などで使われています。

レーザー切断機の原理

ここではレーザー切断機の原理について説明します。 レーザー切断機の構成は、まず核となるレーザー発振器、レーザーの光路、レーザーを集めるための集光部、部材の汚れを吹き飛ばすエアー、そして部材置き場であるテーブルとそれを動かすための駆動部があります。 レーザー切断を開始するとまずは、レーザー発振器が加工者があらかじめ設定したレーザー光の強さを元に、レーザーを照射します。一般的にはCO2レーザーが使われることが多いですが、YAGレーザーが使われている場合もあります。 照射されたレーザーは光路を通って集光部へと行きます。集光部ではレーザー光を0.05mm~0.4mm程度の大きさまで集光し、その後対象物へと照射します。 集光したレーザー光を受けた材料は解けて切断されていきますが、切断部の汚れなどはエアーによって吹き飛ばされるため、加工の邪魔にはならないです。 レーザー加工では熱をどれだけ加えるかも重要になってくるので、加工者は材料の熱耐性を良く調べ、それに合ったテーブルの送り速度に設定してあげる必要があります。 適切な速度でなければ、部材が切れない・部材を溶かしすぎるなどの減少が起きてしますので注意が必要です。

参考文献
http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0070120040 https://www.keyence.co.jp/ss/products/marker/lasermarker/processing/system.jsp
https://mitsu-ri.net/articles/laser-processing#content-8

レーザー切断機のメーカー情報

レーザー切断機のメーカー10社一覧


レーザー切断機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱重工工作機械株式会社
  2. 2 日酸TANAKA株式会社
  3. 3 株式会社共和工機

設立年の新しい会社

  1. 1 三菱重工工作機械株式会社
  2. 2 directindustry
  3. 3 株式会社コマックス

歴史のある会社

  1. 1 日酸TANAKA株式会社
  2. 2 株式会社ヤスオカ
  3. 3 株式会社共和工機

関連記事

カテゴリから探す