日本オートマチックマシン株式会社

【2021年版】電線加工機 メーカー12社一覧

電線加工機のメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


電線加工機とは

電線加工機(英語:Electric wire processing machine)とは電線カット、マークチューブの挿入、電線被覆剥き、端子圧着を行う際に使用される機器である。

製造業における生産設備の電気配線工事、電気組み立て、電気工事業における電気配線作業などで使用されます。

電線加工機と一概に言っても様々なメーカーが独自性を持った製品を市場投入しており、使用目的に合わせて最適なものを選定することが必要となる。

特にIoT対応の関係で電気工事業における需要が急拡大している。

電線加工機の使用用途

電線加工機は製造業における生産設備の電気配線工事、電気組み立て、電気工事業における電気配線作業などで利用されます。

制御盤を製造する上で欠かせない電線カット・マークチューブの印字と挿入・電線被覆剥き・端子圧着の4工程を自動化するために使用されます。

従来人の手で行われていた電線カット・マークチューブの印字と挿入・電線被覆剥き・端子圧着を自動化することで制御盤製造のコストダウン、効率化を図ります。

電線加工機の原理

ここでは電線加工機の原理について説明します。

電線加工機は、従来人の手で行っていた制御盤を製造する上で欠かせない電線カット・マークチューブの印字と挿入・電線被覆剥き・端子圧着の4工程を自動化するために以下の4つの構成から成立します。

  1. 直材投入部
  2. 加工ステーション
  3. 直材フィード機構
  4. 払い出しステーション

上記4機構をPLCを通じてサーボシリンダやサーボモータ、油圧機構などで駆動し制御している生産設備が電線加工機です。

電線には様々な長さ、太さ、種類が存在するため、それらに対応できるように柔軟性を持った設備構成となっています。

PLCを搭載していることでExcelやCSV形式のデータ読み込みが可能であり、マークチューブに印刷するための印字データ等を一括登録し、加工動作へ反映することができます。

自動化することで従来の人作業に対して8割以上のコストダウンが可能となります。

参考文献
https://www.lionpower.co.jp/business/product_st_system.html
https://www.lionpower.co.jp/business/product_hi_1100.html

電線加工機のメーカー情報

電線加工機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 新明和工業株式会社
  2. 2 日本オートマチックマシン株式会社
  3. 3 ライオンパワー株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 KM digitech JAPAN株式会社
  2. 2 株式会社ダイショウ
  3. 3 株式会社MKエレクトロニクス

歴史のある会社

  1. 1 アイテック株式会社
  2. 2 日本オートマチックマシン株式会社
  3. 3 新明和工業株式会社

電線加工機のメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す