【2021年版】ボーリングバー メーカー5社一覧

ボーリングバーのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ボーリングバーとは

ボーリングバーとはボーリング加工を行う際に用いられる工具のことです。

ボーリング加工とすでに空けられた穴の最後の仕上げを行うことであり、一般的には仕上げ加工をするためだけに使用するため、刃物は1枚となっています。

ボーリングバーの刃が1枚である理由は、誤差にあります。仕上げ加工においては精度を向上させることが目的であるため、誤差をできるだけ小さくすることが重要です。
そのため、複数刃よりも誤差を生じにくい1枚刃になっています。

ボーリングバーの使用用途

機械工学をはじめとする、モノづくりの分野でなくてはならないボーリングバーは穴を広げる、穴の精度を向上させることボーリング加工で用いられています。

ものづくりにおいて、ボーリング加工は必要不可欠です。

例えば、日常生活で我々が使っている様々な機械は小さな部品から大きな部品までが組み合わさって出来ています。

その接合部分は安全性の面においても最も重要な箇所といても過言ではないでしょう。接合部分の穴の精度を向上させればさせるほど安全性も向上していくため、我々ユーザーが安心して機械を使用できるのもボーリング加工、ボーリングバーのおかげなのです。

ボーリングバーの原理

ボーリングバーは大きく分けて2種類あります。

1つ目はハイスのボーリングバーです。仕上げ加工では、15mm以下の穴の仕上げは一般公差のみの仕上げで用いる、荒加工で使われるという特徴があります。H7などの公差仕上げの場合、直径15mm以上の穴で用います。

2つ目は超硬ボーリングバーです。こちらは荒加工では使用せず、主に仕上げの時に使用します。荒加工で用いると折れやすいため、基本的には使用することはありません。15mm以下の公差穴を仕上げる時は、公差が安定して仕上げやすいため、こちらの超硬ボーリングバーを使用します。

超硬ボーリングバーはハイスのバーリングバーより高価ではありますが、ハイスより公差が安定し、加工時間が短縮できるため、長期的には安価に使用できます。

しかし、超硬ボーリングバーは硬いため、突く方向に力が加わるとすぐに折れてしまいます。

そのため、使用には十分注意し、適切な使用方法で加工を行うことで長く使え、効率の良い加工ができます。

参考文献
https://senbanmania.com/archives/209#%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%A8%E8%B6%85%E7%A1%AC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91
https://anm7242.net/pingye.sakura.ne.jp/2020/05/02/%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%ef%bc%9f%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%af%ef%bc%9f/

ボーリングバーのメーカー情報

ボーリングバーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱マテリアル株式会社
  2. 2 BIG DAISHOWAホールディングス株式会社
  3. 3 住友電工ハードメタル株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社セロリ
  2. 2 住友電工ハードメタル株式会社
  3. 3 マンヨーツール株式会社

歴史のある会社

  1. 1 三菱マテリアル株式会社
  2. 2 マンヨーツール株式会社
  3. 3 株式会社セロリ

ボーリングバーのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す