【2021年版】超音波研磨機 メーカー5社一覧

超音波研磨機のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


超音波研磨機とは

超音波研磨機とは、超音波による微振動を利用して物体を研磨する機械のことです。大規模な研磨機ややすりや工具などを使って研磨できない場合に用いられます。超音波研磨機の先端には刃物や砥石が付けられており、1秒間に数万回もの超音波振動を与えることで研磨装置として機能します。研磨性能が高いにも関わらず、短い時間で加工することができます。また、他の研磨機では加工の難しかった微少な構造面やもろい物質にも使用することが可能です。

超音波研磨機の使用用途

超音波研磨機はピンポイントでの研磨に適しています。特に、先端の刃物や砥石部分で細かな部分の研磨や仕上げ作業時に用いられます。

例えば、電子部品や精密機器のバリ取りです。通常の研磨機では侵入できないほど細かな部分も削り取ることができます。

また、彫刻や貴金属の加工にも利用されます。細かな作業が可能で、高度な加工を施すことができます。研磨加工による元の素材の変質やゆがみの発生も軽減できる方法なので、貴重な宝飾品の加工にも適しているのです。

超音波研磨機の原理

超音波研磨機は超音波の微振動を利用して研磨をしていますが、用途に応じていくつかの方法があります。ここでは、代表的な二つの方法についてご紹介します。

  • 超音波スピンドル加工
    超音波研磨機の先端に砥石を付けて表面を研磨する方法です。先端の砥石にはホーンが繋がっており、これが回転することで超音波振動を砥石に送ります。研磨表面には切削油が付けられ、効率よく研磨される仕組みです。高い精度で表面を研磨することができます。
  • 超音波砥粒加工
    超音波研磨機の下に微少な砥粒を流して研磨する方法です。こちらもホーンに加えられた超音波振動が先端の加工器具に伝わります。しかし、実際に表面を削るのはその下にある砥粒です。微細な穴の研磨や広い面を同時に研磨することが可能です。

どちらも先端に超音波振動を送ることで研磨しており、一秒間に数万回の微細な振動が起きています。この振動数の違いによって加工の精度や研磨速度を調節することも可能です。

参考文献
https://www.sonotec.com/column/principle.html
https://echotech.co.jp/blog/13081/
http://usmaj.o.oo7.jp/kezuru.html

超音波研磨機のメーカー情報

超音波研磨機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本電子工業株式会社
  2. 2 株式会社岳将

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ソノテック
  2. 2 株式会社岳将
  3. 3 日本電子工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本精密機械工作株式会社
  2. 2 日本電子工業株式会社
  3. 3 株式会社岳将

超音波研磨機のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す