【2021年版】フレアリングツール メーカー3社一覧

フレアリングツールのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フレアリングツールとは

フレアリングツールとは配線にフレア加工を施すための工具のことです。手動で簡単に変形させることができます。フレア加工とは配線同士をつなぐ際に用いられる手法の一つで、先端をラッパ状に変形させることです。この加工によってフレア用のジョイントを設置することが可能となり、二つの配線をつなぐことができます。主に空調設備に使われる柔らかい配線を加工するために使用され、作業も簡単なため広く用いられている工具です。

フレアリングツールの使用用途

フレアリングツールは様々な配線をつなぐために用いられます。例えばエアコンの配線です。エアコンの室内機と室外機からは銅管が伸びており、これをフレアリングツールを用いてつなげる必要があります。片側の配線にフレア加工を施すことでもう一方を包み込むように接続できるのです。つながれた配線はナットを用いて押しつぶすように結合されます。この接続方法は強固で隙間無くつなぐことができるため、エアコンの冷媒となるガスが漏れるのを防ぎ、冷房効率が損なわれない方法です。

フレアリングツールの原理

フレアリングツールはフレア加工を施すことで配線を接続する工具です。ここでは、フレアリングツールを用いたフレア加工の原理や仕組みについてご紹介していきます。

構造としてはフレア加工を施すハンドルと配線を止めておく穴があります。穴は大小様々な大きさをしており、適切な大きさの穴に配線を挟み込んで固定します。上からハンドルを差し込み、回していくことで徐々に配線の先が広がり、ラッパ状に変形していくのです。このハンドル部分には二種類の形があります。

  • 手動式
    完全に手動でフレア加工を施す形です。力を込めてハンドルを回転させ、徐々に配線の先端を広げていきます。ハンドルが軽くなれば適切な大きさにフレア加工ができたことになります。
  • ラチェット式
    ハンドル部分にラチェットハンドルが取り付けられた形です。回転させる必要は無く、往復運動をすることで徐々に配線の先端は広がっていきます。手動式よりも簡単に加工が可能です。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/410/
https://xn--08j2fxcxa0d6wy18otram37a2kz.net/torituke/flaring/
http://bbk.co.jp/japanese/product/docs/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A2%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88.pdf

フレアリングツールのメーカー情報

フレアリングツールのメーカー3社一覧


フレアリングツールのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ロブテックス
  2. 2 レッキス工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 藤原商事株式会社
  2. 2 レッキス工業株式会社
  3. 3 株式会社ロブテックス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ロブテックス
  2. 2 レッキス工業株式会社
  3. 3 藤原商事株式会社

関連記事

カテゴリから探す