【2021年版】両頭グラインダ メーカー2社一覧

両頭グラインダのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


両頭グラインダとは

両頭グラインダは卓上グラインダ、ベンチグラインダとも呼ばれる研削、研磨加工を行う機械です。通常は作業台などに固定して使用します。横向きに固定されたモータの軸両端に取り付けられた二つの円盤状の砥石が回転するタイプのグラインダです。両端の砥石は異なる粒度のものが取り付けられることが多く、一方には荒い砥石を取り付けて荒砥作業を行い、もう一方には粒度の細かい砥石を取り付けておき仕上げ作業をすることで毎回砥石を交換することなく効率よく作業することができます。

両頭グラインダの使用用途

素材の加工や刃物の荒砥作業や研磨作業に使われます。素材の加工では万力で固定できないような小さい素材の成型加工、金属素材などを切断加工したあとのバリを取り除く加工などに使われます。

刃物の荒砥作業では、大工道具のノミやカンナ、ノコ刃など刃物の砥ぎ作業に使われます。固定することが難しい小さな旋盤のバイトの砥ぎ作業にも使われます。

砥石の代わりに布や麻でできたバフを取り付けて使用することで、細かい仕上げの研磨作業に使用することもできます。刃物の研削が多い場合は専用の刃物研磨機を、バフを取り付けての仕上げ作業使用すること多い場合はバフグラインダという選択肢もあります。

両頭グラインダの原理

両頭グラインダは、作業台などにおいて使うためほかの種類のグラインダよりも比較的用途が限られますが安定しているため材料を押し付けて研削する用途にも適しています。

下部にベース部があり、出力やサイズの大きい機種はボルトで作業台などに固定するためベース部に穴が開いています。本体には作動をオンオフするスイッチが付いており、回転数を調節するダイヤルが付いた機種もあります。両端に砥石を取り付けられる構造になっており、研削や研磨する対象物を安定させる支持台(ワークレスト)、安全カバーのほかに拡大鏡の付いたもののほかに、集塵機能が付いた大型の機種もあります。

取り付けられる砥石の粒度は主に金属加工に使用する場合は36~120番程度が一般的です。使用できる砥石の直径範囲が機種により指定されていて、比較的小さな205mm以下の砥石に対応した機種は単相100Vで、205mmを超える大きな砥石に対応した機種は三相200Vで動作します。

参考文献
https://diytools1.com/2016/07/14/post-16075/
https://www.kousakukikai.tech/grindingmachine/
https://www.bildy.jp/mag/desktopgrinder-guide/

両頭グラインダのメーカー情報

両頭グラインダのメーカー2社一覧


両頭グラインダのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 京セラインダストリアルツールズ株式会社
  2. 2 淀川電機製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 京セラインダストリアルツールズ株式会社
  2. 2 淀川電機製作所

歴史のある会社

  1. 1 淀川電機製作所
  2. 2 京セラインダストリアルツールズ株式会社

関連記事

カテゴリから探す