センサー

センサーに含まれる129カテゴリ一覧です。センサーに関する情報を配信しています。

センサーの説明はこちら

センサーの129カテゴリ一覧

センサーとは

センサー

センサー(英語:Sensor)とは様々な物理量あるいは物質の濃度などを検知する機器で、日本語で検知器とも言います。あらゆる電子機器に組み込まれており、人間で言うところの目・耳・鼻などの感覚器官に相当する役割を担っています。

測定物をただ検知するだけでなく、それによって機器の次の動作を決定させたり、安全のために機器の動作を止めたりする目的で使用されます。

日本語では検出器(英語:Detector)と同様の意味で使用されますが、厳密な言葉の定義としては検出器は単純に測定物を検知するためのものであるのに対し、センサーは前述したように検知したあとに何か特定の反応を示す物を指すので、検出器になにか機能性を足したものを特にセンサーと呼びます。

センサーの種類

センサーが検知するものは、熱や圧力、音や光、距離や流量など様々なものがありますが測定物によって異なるセンサーの種類があり、測定原理も異なります。

身近なもので言うとスマートフォンには様々なセンサーが組み込まれています。タッチパネルは指の接触や動きを検知するセンサーが搭載されており、カメラには光を検知して画像化するセンサーが搭載されています。通話やAIアシスタントへの呼びかけはマイクを通して行われており、これも音を検知するセンサーです。

近年ではIoTの急速な普及によって、スマートホームなどを導入する人も増えてきました。例えば、人の接近を検知してライトを点けるといった場合、赤外線を用いた人感センサーで人の接近を検知しています。また、帰宅中に家に近づくとエアコンを付けたりする場合は、GPSセンサーを用いて位置を検知しています。快適な居住空間を実現するには温度・湿度などの管理が重要ですが、ここでも温度センサー・湿度センサーが使用されます。

このように、センサーの種類は非常に多岐にわたるため、目的に合わせて何を検知すれば良いかをしっかりと検討し、適切なものを選択することが重要です。

参考文献
https://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/english/sensor?q=sensor
https://www.electronicshub.org/different-types-sensors/