株式会社ダイヘン
日鉄溶接工業株式会社

【2021年版】プラズマ溶接機 メーカー7社一覧

プラズマ溶接機のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


プラズマ溶接機とは

プラズマ溶接機とは、電極と母材の間に生じさせるプラズマアークを利用して溶接する機器のことです。

プラズマ溶接は、アーク放電のエネルギーによって溶接を行うアーク溶接の中でも、ティグ溶接と同じ非消耗電極式に分類されます。

他の溶接機と比べ、トーチから噴射されるアークの幅が狭いことから、より細かな場所での溶接が可能です。他にもメリットは多くありますが、機器自体を持っている業者が少なく、そもそも存在があまり認知されていないということもあり、使用頻度は低い機器といえます。

プラズマ溶接機の使用用途

プラズマ溶接機は、厳しい加工精度が求められる母材の溶接など、他のアーク溶接にはない特性を必要とする場合に使用されることがあります。

たとえば、消耗電極式のアーク溶接を行った場合、その構造上母材にどうしてもひずみができてしまいます。プラズマ溶接機なら、アークの熱をより狭い範囲に集中して当てることができるため、溶接時間の短縮に繋がり、ひずみも最小限に抑えることが可能です。

また、スパッタと呼ばれる粒も残らないため、仕上がりをきれいにしたいときにも便利です。

プラズマ溶接機の原理

ここでは、プラズマ溶接機の原理について解説します。

プラズマ溶接機では、アーク放電を起こすために機器内のガスをプラズマ化させます。プラズマとは物質の第4の状態ともいわれ、気体にエネルギーを与え続けることで発生します。この状態の気体は、荷電粒子を含んでいるために電気性を帯びているのが特徴です。このプラズマ化したガスを噴射すると、これが導電体となりアークが生成されます。

似た原理を持つティグ溶接に比べ、アークの範囲が狭く絞られているので、より細かいスペースでの溶接が可能です。また、アークの指向性が高いことから、隅肉溶接にも向いています。

さらに、電極棒が溶けない仕様の非消耗電極なので、長時間連続で運転が可能です。このことから、工場の製造ラインなどで自動溶接としても使用できます。

一方で、ティグ溶接よりもコストがかかってしまうため、その点はデメリットといえます。

溶接方法には様々な種類があり、それぞれの特性を理解しておくことが重要です。

参考文献
https://mitsu-ri.net/articles/welding-typical-type
https://www.weld.nipponsteel.com/techinfo/weldqa/detail.php?id=27V4RZ5

プラズマ溶接機のメーカー情報

プラズマ溶接機のメーカー7社一覧


プラズマ溶接機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社
  2. 2 株式会社ダイヘン
  3. 3 株式会社オリジン

設立年の新しい会社

  1. 1 パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社
  2. 2 日鉄溶接工業株式会社
  3. 3 株式会社ナ・デックス

歴史のある会社

  1. 1 小池酸素工業株式会社
  2. 2 株式会社ダイヘン
  3. 3 愛知産業株式会社

関連記事

カテゴリから探す