【2021年版】ハンドラッパー メーカー5社一覧

ハンドラッパーのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ハンドラッパーとは

ハンドラッパーとは機械を用いることなく、手で研磨作業を行うための工具で、歯ブラシのような形をしており持ち手と柄の先に研磨材(砥石)が取り付けられた構造をしています。

主に面取りを始め、カエリ・バリとり用などの研磨による手直し・修正などに使用されています。

製品によってはハンドホーン、ハンドストーンというように呼ばれるものもあります。

研磨材に使われる砥石は用途によって様々な素材のものが使用されています(詳しくは後述)。

ハンドラッパーの使用用途

ハンドラッパーはその名の通り、手によって研磨作業を行いますので非常に細かい作業に使用することが可能です。

ジグの修正や仕上げ、工具の修正例えば切削工具の刃先の除去や研磨、刃付けや刃殺しなどにも使われ、また金型の修正や調整などにも使われてます。

このような製造現場の工作・工業機械のメンテナンスだけではなく、ナイフや彫刻刀など家庭用や個人のアトリエ・工房、日曜大工用品の手入れ・研磨にも使用することが可能です。

ハンドラッパーの原理

ハンドラッパーの砥石は研磨・修正の対象となるものによって砥石の粗度や硬度を選ぶことができます。

粒度(番手)というのは砥石(ヤスリ)の粗さを示す数値で、この粒度の数値が高くなればなるほどより細かい仕上がりになります。

粗仕上げにはおよそ粒度〜#240、普通仕上げには〜粒度#300、精密仕上げには粗度#400〜と行ったように用途に合わせて選択することが可能です。

研磨材に使用されている粒の結晶は代表的なものにボロンカーバイトという炭化ホウ素があります。

ボロンカーバイトは最も硬い物質とされているダイアモンドや立方晶窒化ホウ素に次ぐ硬さを持っていてモース硬度で9.497をほこります。

ボロンカーバイトのハンドラッパーは粗仕上げから普通仕上げの粗度に対して主に用いられますが、より精密な仕上がりやより硬い工具などの手入れ・調整を行いたい場合には研磨材にダイアモンドの粒を使ったハンドラッパーを使用することも可能です。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/c-25338/attr_f4642-1000/#:~:text=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E6%A9%9F%E6%A2%B0,%E7%B2%92%E5%BA%A6%23320%E3%81%8C%E7%9B%AE%E5%AE%89%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82
https://www.toishi.info/link/hand_lapper.html

ハンドラッパーのメーカー情報

ハンドラッパーのメーカー5社一覧


ハンドラッパーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ARC株式会社
  2. 2 ツボサン株式会社
  3. 3 株式会社大和製砥所

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社桜井産業
  2. 2 ARC株式会社
  3. 3 大成産業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ツボサン株式会社
  2. 2 株式会社大和製砥所
  3. 3 大成産業株式会社

関連記事

カテゴリから探す