乾燥機

乾燥機に含まれる5カテゴリ一覧です。乾燥機に関する情報を配信しています。

乾燥機の説明はこちら

乾燥機の5カテゴリ一覧

乾燥機とは

乾燥機

乾燥機(英語:Dryer, Drying machine, Drying oven)とは、対象物から水分や湿気を取り除くために使用する機器です。

乾燥機の種類

乾燥機には、食器や衣類の乾燥を目的とする一般家庭向け製品の他に、食品・医薬品・工業製品などの業界で使用される産業用乾燥機があります。一口に産業用乾燥機と言っても、試験研究に用いられる小型の卓上乾燥機から、製造・生産現場向けの大型乾燥プラントまで、大きさや構造形式も様々です。また、種類によって乾燥方式が大きく異なりますので、乾燥の原理を理解した上で、目的に応じて使い分ける必要があります。

乾燥機は、稼働時の庫内温度で大きく分類されます。例えば、庫内温度を概ね5~200℃の範囲で均一に保つ定温乾燥機、50~700℃ほどに保つ高温(熱風)乾燥機、5~45℃ほどに保つ低温(冷風)乾燥機などがあります。温度が高いほど水分は蒸発しやすくなりますが、熱による対象物の変性も起こりやすくなるため、効率的な乾燥温度の見極めが必要になります。

乾燥機の種類によって、空気の循環パターンも様々です。気体の自然対流を利用して空気を循環させる自然対流方式、送風ファンで庫内の空気を循環させる強制送風方式などがあり、対象物に応じて適切な方式を選択します。また、庫内の気圧を下げて真空状態を作り、常圧状態より低温で乾燥させる真空乾燥機も一般的です。

このほか、遠赤外線またはマイクロ波により、対象物そのものを加熱して乾燥させる遠赤外線乾燥機やマイクロ波乾燥機、対象物を凍結させてから真空乾燥させる真空凍結乾燥機など、乾燥機の種類は多岐にわたります。

乾燥機の用途

乾燥機の用途は、対象物の乾燥だけに留まりません。例えば、高温(熱風)乾燥機は焼成、硬化、熱処理、殺菌などに、定温乾燥機は塗料などの粘度を保持するための保温機として使用される場合があります。温度を精密にコントロールすることができるため、耐熱性または耐低温性などの環境耐性試験に使用されるケースもあります。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/99/2/99_2_93/_pdf/-char/ja
https://www.yamato-net.co.jp/product/category/science/drying-oven/
http://www.kuroda-dryer.co.jp/tokutyu.html