【2021年版】フォーミングマシン メーカー10社一覧

フォーミングマシンのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フォーミングマシンとは

フォーミングマシンは、コイルなどの線材や板材をプレスや曲げ、切断加工など複数の加工を1台で行うことができ、バネやコイル、クリップやリングなどの部品を連続で製造できる加工機です。

フォーミングマシンの中で、バネ部品を専門とする期首があり、ワイヤーフォーミングまたはバネ成形機と呼ばれています。

最近は、さらに多様な加工に対応できるようになっており、かしめや部品の組み込み、溶接、ヘッダー加工や鍛造なども一貫してできるようになっています。

フォーミングマシンの使用用途

自動車や家電製品、各種建材や産業機械、農業機械や文房具などで汎用的に使用されている圧縮コイルばねや板バネなどバネ類の製作に使用されています。

また、線径が数mmまで対応できる装置も多く、スナップピンや抜け止め防止ピン、ホースバンド、止め輪やサークリップ、スナップリング、ホースクリップや針金クランプまで幅広い部品の製作で使用されています。

従来、金型を製作してプレス加工でつくっていた部品のコストダウンのためにフォーミングマシンに切り替えることもあります。

フォーミングマシンの原理

フォーミングマシンの加工工程は次の通りです。まず、フィード装置により板材やコイルなどの線材を一定速度で供給し、スタンピング装置によってせん断やプレス加工を行い、穴をあけたり、成形を行います。その後、複数のフォーミング装置によって複雑な曲げや3次元の立体に成形し、必要に応じて他工程を一気通貫に加工することができます。

フォーミングマシンをつかうことで、材料のムダがなくなり、連続で加工できることで製造コストをさげることができます。また、似た機能をもつ順送プレス機に比べて、単純な構造になるため、加工機の金型コストをさげることができます。

これまでは、単純な製品を大量に製作する際に使われることが多かったフォーミングマシンですが、技術の進歩とともに高機能化されており、現在では、NC(数値で制御できる)加工機などとの複合化されることでかなり複雑な形状の部品を安価に製作できる加工機となっています。

参考文献
https://monoto.co.jp/forming/
https://www.keyence.co.jp/ss/products/measure-sys/machining/plasticity/forming-machine.jsp
https://monoto.co.jp/forming/

フォーミングマシンのメーカー情報

フォーミングマシンのメーカー10社一覧


フォーミングマシンのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本スピンドル製造株式会社
  2. 2 旭精機工業株式会社
  3. 3 サン・プラント工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ナビイ機械
  2. 2 サン・プラント工業株式会社
  3. 3 東亜交易株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本スピンドル製造株式会社
  2. 2 オサ機械株式会社
  3. 3 株式会社コーレンス

関連記事

カテゴリから探す