株式会社不二越
三井精機工業株式会社

【2021年版】ネジ研削盤 メーカー5社一覧

ネジ研削盤のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ネジ研削盤とは

ネジ研削盤とはその名の通り「ネジを削りだす工作機械」です。ねじは「ねじ切り」と呼ばれる、金属材料に規定の溝を削ることで制作されています。 ネジ研削盤はその削り取る作業を行うための工作機械となっています。そのため、ネジを製造するうえで、欠かすことのできない工作機械なのです。

ネジ研削盤の使用用途

ネジ研削盤はネジを製造するときに必要になる「ねじ切り」と呼ばれる作業を行う工作機械です。

ねじを作成する方法としては、「転造」か「切削」と呼ばれる作業が行われています。それぞれの方法をご紹介します。

  • 転造
    転造とはネジを大量生産するために開発された方法です。名前の通素材を金型で挟みながら転がすことによって、溝を掘る方法となっています。 塑性変形と呼ばれている、一定以上の力を描けると元に戻らなくなる性質を利用しています。
  • 切削
    切削がネジ研削盤で使用されている方法となっています。こちらも文字通り、金属を削り取ることでねじ溝を掘ります。 精度が高く、多くのねじが切削を利用して作られています。デメリットとして削り取るので切りクズが出てしまう点などがあります。

ネジ研削盤の原理

ここでは切削によるねじの製造を解説します。 切削は前述の通り、金属を削り取ることでねじを製造する方法です。 切削のメリットとして、最大のメリットは「精度が高い」という点があげられます。転造は金型を押し付けて塑性変形させる方法なので、その時の温度や金型の耐久によって出てくる精度が変わってしますので、精度が出にくい場合があります。 切削では1つ1つを数mmの精度で加工することができるので、かなり精度を出せることがわかると思います。 そのため切削によるねじ加工は、精度が必要な少量生産や、試作品の加工などに使用されています。 ただし、切りくずが出てしますので、転造よりも処理が増えてしまう点も大量製造に向いていないポイントとなっています。 ねじ研削盤ではねじを自動的に削り取ることで、かなりの精度を出すことができる工作機械となっています。

参考文献
https://eneji.info/%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%81%A8%E3%81%AF
https://www.skenma.jp/use/screw.html
https://www.m1-seiko.co.jp/products_screws.html

ネジ研削盤のメーカー情報

ネジ研削盤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社不二越
  2. 2 三井精機工業株式会社
  3. 3 株式会社サンテック

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社サンテック
  2. 2 塩田工業株式会社
  3. 3 株式会社丸栄機械製作所

歴史のある会社

  1. 1 株式会社不二越
  2. 2 三井精機工業株式会社
  3. 3 株式会社丸栄機械製作所

ネジ研削盤のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す