アイメックス株式会社

【2021年版】ビーズミル メーカー5社一覧

ビーズミルのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ビーズミルとは

ビーズミルとは、ビーズと呼ばれる粒子を使って、ナノレベルにまで非常に細かく粉砕を可能にさせる湿式の粉体などの媒体を攪拌粉砕する機械です。ビーズミルの歴史は、戦後の日本において、五十嵐機械製造(現在のAIMEX)がデュポン社が持つ技術をベースにして、独自の技術を織り交ぜて、日本初のビーズミルを完成させたのが、国内創成期になります。その後、国内の高度成長に伴う拡大期、平成以降の成熟期を経て、現在の最新型ビーズミルに至っています。

ビーズミルの使用用途

"ーズミルの市場における使用実績例としては、各種対象物の粉砕が主な使用例ですが、対象物は食品、陶磁器の表面にあるガラス層用金属酸化物、磁気テープ酸化鉄、積層のセラコン用チタン酸バリウムなど様々なものが対象になっており、多くの粉砕用途に活用されています。最近では、ナノ分散ニーズが増加しており、例えば、液晶のカラーフィルターに使用する有機顔料の分散、ハードコート用ジルコニアの分散、化粧品用の酸化チタンの分散などでは、100nm以下の粒子を分散させるために、ビーズミルが活用されています。

ビーズミルの原理

ビーズミルに関する仕組みを解説します。湿式ビーズミルは、ビーズと呼ばれるナノ粒子と液体と固体が混ざり合ったスラリーが充填された容器内で攪拌ロータを高速回転し、ビーズに動きを与えることでビーズとスラリー中の粒子をぶつけ合って、粒子の細分化を具現化するマシンです。ビーズミルは、使われるビーズのサイズを変えることで、粒子に付与するエネルギー量の調整が可能になります。そのエネルギー量を調整して、大きなサイズのものを粉砕し、その粉砕からまた小型サイズの集合体を解す分散まで幅広い範囲の細分化する処理に実用化されています。特に、そのサイズは、粉砕するエネルギーやビーズと粒子がぶつかり合う回数や割合、ビーズのスペースの広さに影響するため、粒子を細分化する処理時の条件設定に重要な要素となります。粉砕や分散のエネルギーは、細分化できる粒子の大きさと硬度や処理速度にも影響し、さらに、ビーズと粒子がぶつかり合う頻度は、処理する速度にも影響を与えています。ビーズの動くスペースの大きさは、粒子の最終到達粒子径にも大きな影響を与えるビーズミルにとっては大事な要素なのです。

参考文献
https://www.aimex-apema.co.jp/seihin_beadmill/beadsmilltowa.html
https://www.aimex-apema.co.jp/case/2018/03/20/30

ビーズミルのメーカー情報

ビーズミルのメーカー5社一覧


ビーズミルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社広島メタル&マシナリー
  2. 2 アシザワ・ファインテック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社広島メタル&マシナリー
  2. 2 アイメックス株式会社
  3. 3 株式会社シンマルエンタープライゼス

歴史のある会社

  1. 1 日本コークス工業株式会社
  2. 2 アシザワ・ファインテック株式会社
  3. 3 株式会社シンマルエンタープライゼス

関連記事

カテゴリから探す