【2021年版】鉄工ヤスリ メーカー13社一覧

鉄工ヤスリのメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


鉄工ヤスリとは

鉄工ヤスリとは鉄を始めとして銅や銀、金などの金属を削るための専用のヤスリを指しています。鉄工ヤスリは硬い金属に使用できるヤスリですので、逆に金属よりも柔らかいプラスチックや木材などにも使用できます。

硬い金属を削れるので金属加工には無くてはならない工具になります。また、鉄工ヤスリと言っても一種類ではなく様々な形状があり、用途に合わせて使用されます。一方で、金属の中でも硬い部類に入る素材であるステンレスなどを削る際には鉄工ヤスリの中でも専用の物を使用する必要があります。

鉄工ヤスリの使用用途

鉄工ヤスリは金属を削る際に使用しますが、例えば金属パーツ同士のサイズが大きすぎて合わなかった場合に、合わない場所を削ってサイズを合わせます。ドリルでを開けたときなどは穴のサイズが微妙に小さいことがありますが、このようなケースでは細長い丸型の鉄工ヤスリを穴に入れて削ることで穴を拡大させることができます。

また、表面処理にも使用され、表面の凹凸を削って滑らかにしたり金属を切断した後の切断面のエッジ部分に主にできるバリ取りなどにも使用されます。

他にも錆びてしまった部分を削ることで錆びの除去にも使用できると共に、金属表面の塗装などを削り落とす際にも重宝します。鋸などの刃の研磨や手入れに使用されるのも鉄工ヤスリです。

鉄工ヤスリの原理

ヤスリの表面には刃が作られており、ヤスリよりも柔らかい素材を擦ることで刃による凹凸で柔らかい素材が削れていきます。

鉄工ヤスリの目にはその粗さによって荒目や中目、細目などの種類があり、それぞれ削れる度合いが異なります。荒目は雑把な研磨などに使用されます。荒目で削ると金属表面には目に見える程度の凹凸ができますので、この凹凸を消したい場合はより目の細かい中目を使い、仕上げに細目を使用します。

鉄工ヤスリの一般的な形状は平べったい平型で、様々な用途に使用できます。この平型の鉄工ヤスリは片面は荒目で反対面が中目といった具合に目の粗さが異なる物もあるので、使い分けができて便利です。

以前は鉄工ヤスリと言えば表面に凹凸をつけることで目を作り出していましたが、最近では人工ダイヤモンドが安価に作られていますのでこのダイヤモンドの粒子をコーティングしたダイヤモンドヤスリがあり、硬い金属でも削ることができます。

参考文献
https://my-best.com/6980
https://e-ny.net/40675
https://electrictoolboy.com/media/16789/

鉄工ヤスリのメーカー情報

鉄工ヤスリのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 株式会社石駒
  3. 3 ユアサ商事株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 DCMホールディングス株式会社
  2. 2 株式会社美坂
  3. 3 株式会社ユニーク

歴史のある会社

  1. 1 株式会社石駒
  2. 2 ユアサ商事株式会社
  3. 3 株式会社福島鑢商店

鉄工ヤスリのメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す